千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

再びチコちゃんを叱る - ブログ

日常のことで特に疑問に思っていなかった事象に鋭い疑問を呈して、こたえられなかったゲストを「ボーッと生きてんじゃねーよ」と怒りまくる独特ののキャラ。そのあと、専門家がその理由やいわれを解説するパターンで、視聴者をうならせる筋書きです。

前回ヴィネは関節がぽきぽきなる原因を、「関節内に発生した泡がはじける音」とした説に、真っ向から反対意見を述べました。両者の言い分を聞いて皆さんはどっちに軍配あげますか?

さて、今回は靴の中に小石が入るメカニズムについてのチコちゃんの説明に鋭く異論を呈します。
専門家の説によると、「歩く時の動きで靴の中に空気の流れが起きて、そのたびに空気が靴の中に吸い込まれ、その陰圧によって小石が吸い込まれる」というのです。多くの国民はその意外な説に「へえー」といって納得するのでしょうが、ヴィネは違います。

確かに陰圧が生じている実験映像を見せられると、ついそう思いたくなるものですが、でも考えてみてください。小石を吸い込むほどの、掃除機並みの陰圧が生じると思いますか?映像をよく見ると、空気中のちりがスーッと吸い込まれるだけであって、その勢いから察するに、軽く息を吸う程度の陰圧のようです。これでは小石は吸い込まれません。

ではどうして小石は入るのか?
それは蹴り上げた小石がたまたま靴の入り口と足の境目に落ちてきただけです。いろんな方向に蹴飛ばされて跳ね上げられた小石の一つがたまたまその部分に落ちただけ。

その根拠として、通気性がかなりいい靴だって、サンダル履いてたって小石は入ってくることからすぐわかります。

最近根拠のこじつけみたいな解説が多くなったっと思うんですが、ネタ切れでしょうか?