千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

ブログ 一覧 (カテゴリ:ランニング)

今までの ブログ の一覧です。

2019年08月07日(水)
2019年08月06日(火)
2019年07月31日(水)
2019年07月30日(火)
2019年07月17日(水)
2019年06月30日(日)
2019年06月19日(水)
2019年04月24日(水)

今が一番暑い時期ですかあ。千葉でも34度の気温です。朝ランでも9時ころだと30度は越えているでしょう。日差しがあるとこりゃ地獄だわ。

一方午後5時過ぎのランニングは日差しの影響もなくなり、日陰も多くなり、もちろん気温も下がり結構いい感じで走れます。今日は休診日だからこの時間帯に走れるんだけど、仕事があるときは無理です。ならば6時半以降の帰宅ランの距離をふやそうかと考えてます。

最近走るスピードも上がってきたといいましたが、ストライドをのばそうという気にもなってきているのです。ということは今までより膝が上がっているってこと?そして今日は後半3キロほどフォアフットランまでしちゃいました。

春ころにもフォアフットランをしたことがあるんですが、1キロ続きませんでした。思うにフォアフットランは全体的に筋力が上がってきたってこと?初めてフォアフットランを取り入れた時はすんなり走れたのですが、オペした後はかなり筋力が落ちていますからフォアフットランしようにもすぐにかかと着地に戻ってしまいました。それが今日はずっと続くんです。

フォアフットランのほうが膝には優しいので、本来はこの走りがいいんでしょうね。

ちなみに今朝ランで7キロあたりからランパンびっしょり。久しぶりの尻スタンプでモリナガ作りました。

毎日暑い日が続きます。

最近の走りでは調子がいいと、自然と無意識にスピードアップしている実感があります。8月3日はランニング中の途中計時で、最速キロ5分16秒を出し、初の5分20秒切りに喜んだのですが、今朝は最速5分2秒とさらにアップ。欲出して初の5分切りとはいかなかったものの、この暑さの中の記録に近い将来に期待させられる内容でした。

7月の目標を300にしていましたが、結果は291キロ。

今日は今年初めてウッドチップコースを走りました。このコースは3分の2が日陰です。でも3分の1の日向をさけて日陰部分の往復ランをして楽しました。
300キロ目指して走ることもできたのですが、途中休憩入れた時に急にその気持ちが萎えて、10の位の四捨五入で気持ちに区切りを付けました。

さて今年も暑い夏になりそうですが、8月の目標は何キロにしようかなあ。夏休みに避暑地に行ければいいんですが、今年は無理そうなので、地元でランするしかない。400と言いたいが、350キロで手を打とう。今年はまずはハーフが目標だから・・・。

32度の気温の今日、7月30日の昼間です。朝のランの不足を補おうとランに出ました。

日差しがあると暑いが、日陰ならそうでもない。まあ32度じゃあ大したことないわな。5キロ過ぎで水道から給水。その後坂道があります。上りきると道路工事をしていました。車のあまり通らないところですが、交通整理のおじさんが予期せぬ通行者に慌ててヴィネを誘導します。

ヴィネはここでとっさに、ハアハアとまるで機関車(ロコモーティブ)のような大きな荒い息をして走り過ぎることにしました。その背中におじさんは

「暑くて大変だね」と声を掛けました。

ヴィネは「ははは、慣れてますから~」と振り返りもせず答えてその場を後にしました。

とってもいやらしいランナーですねえ~。それまでの坂でさえそんなに息を切らしていないのに、人前ではわざとらしく大きく荒い息にして「どうだこの暑さ、走ってるなんてすげーだろう」てな意識丸出し。あたかも「こんな風にして走っていたらこうかけられる確率大」と経験値で悟っているかのようでなおさら不愉快。
純粋な初心者ランナーは決してこんなことはしません。老練というか、年取ってくると、ラン以外のその周辺事情まで知り尽くしている驕りによる言動を抑えることができないのです。まるでオヤジギャグ連発する寒いおやじそっくり。
特にこの突然の人前ロコモーティブは曲者です。走らない人にとってその息の荒さが意図的かどうかは判断できませんからね。

皆さんも人前ロコモランナーには注意してください。決して応援するような声をかけずにおおぴらに無視するのが一番。
また今までに「あ、俺もやっていた」と気づいたランナーは、あなたの過去は責めませんから、これからは素直なランナーになりましょうね。

というわけで、ランニングブームの中でこんな不愉快なランナーが増えないように、ヴィネは「人前ロコモランナー」掃討作戦を提案します。

今日東京に行った際に、駅のホームに上がる階段とエレベータをながめて、ふとどれだけの人が階段を使うか見てみたら、100人中ゼロ人!もちろんヴィネは階段使いましたが、高齢者も、ビジネスマンも学生も誰一人階段を使わずエレベーター。

こいつらみんな将来は糖尿か認知症になる危険性大だぞ~

ついでにヴィネは八幡宿の駅から自宅まではランです。駅前のこのベンチでランパンとランシャツになってスタート!!ヴィネのために設置してくれたようなベンチですねえ。

当然ズボンの下にはランパンはいてましたから、ズボン脱ぐだけですよ。駅から4.5キロ。合計今日は18.6キロ。満足です。

今月の走行距離は300キロの予定。一日平均10キロですが、術後の体力低下で、昔のように一気に30,40走って不足分取り戻すという芸当ができないですから、毎日少しずつの積み上げが重要です。

今日の天気予報は霧雨ですが、天気予報のお姉さんが「結構濡れる霧雨です」といっていたのが気になっていました。
昼に外を見ると確か濃密な霧雨で、結構濡れそうな感じです。着替えはしたものの、走る気を失いました。

そして時間が余ったので酸素ルームでケーナの練習をしました。そして再び外を見る。

「やっぱ、この程度の雨で走らないのは、ランナーとしてはだめっしょ」

そう決意して走りに出ました。結果体は濡れたものの雨が降っていなくても汗でぬれたろうし、気温が低い分汗でぬれるよりは気分のいい濡れ方でした。

お天気お姉さんの判断よりは、やっぱり自分のランナーとしての感性で判断すべきだったなあと思うのでした。そのご褒美として今日までの今月の走行距離は120キロ!何とか予定通りでいってます。大雨が降り続かない限りこのペースを維持できそうです。

先月走行距離は100㌔。そして今日で6月の走行距離は200キロに伸ばせました。

なかなか足の状態が良くならないなあ、と思ってはいましたが、月単位で見ると徐々に走りは良くなっている感じがあります。簡単に言うと足が軽くなっています。それに伴って走る距離も増えているのでしょう。痛み抱えているときはやっとこさのところが、我慢して走り続けていると、次第にそれを乗り越えてきて、今では「走りたい」って気になりますものねえ。

痛いときに休むということはよく言われますが、いたくても何とか走れるなら走ってみると言いうのも治療法として成り立つんじゃないかと思いますねえ。

さて来月は目標300です!

久しぶりの投稿となります。

この間何していたかというと、様々なことがありました。
仕事でもいろいろな面で変化がありました。医院のハードの面でも変更をかけようと動いてますが、来月当たり外見が変わります。

走りですか?まあいいんじゃないでしょうか。次第にスピードと距離を増しています。キロ5分15秒くらいまではスピードアップできますが、調子に乗っているとまた足を痛めるので、ほどほどにしなけりゃとセーブをかけます。

マイセルフのことで言えば、毎日じゃないけどケーナの練習もしています。だいぶ高い音が出るようになってきていますが、まだちょっと不安定。指使いもすべて練習量に比例しているので、あまりボーっとしている時間はありません。
そして今日は東京まで行ってインビザラインの受診をしてきました。インビザラインとは最新のマウスピースによる歯の矯正技術です。全然目立たない矯正方法で、今までのあのワイヤーによる拷問の矯正はもう昔のものとなるでしょう。
「60過ぎて歯の矯正?」って疑問に思っている人も多いでしょうが、歯周病や虫歯がなければ可能です。もしかするとヴィネのランニングにおける身体の動きの左右差や左の肩こりは歯のかみ合わせの悪さから来ているんじゃないかと、「疑わしきは罰せよ」方式でやり玉に挙がったのです。
しかし説明を聞いてかなり日常生活に制限が出てきそうです。一日3回の食事以外はずっとマウスピースをつけっぱなし。間食やコーヒー飲むというのも原則NO!もしややるならすぐに歯磨きして、マウスピースをつけること。フルマラソンのレース時にはどうしようかと真っ先に思いました。水ならOKなのですが、食べ物を食べるならマウスぴーうは初めから外しておかないといけない。いちにち 22時間以上つけることで予定通りの矯正ができるので、さぼるとそれだけ延びるというわけです。

さらにはぶどう棚の屋根の張替え工事もしました。熟してくるとハクビシン被害に四苦八苦していたので、木を切ろうか迷いましたが、木は生かしたままにして、その周囲を頑強にブロックすることにしました。
屋根の張替え工事は一人でやったのですが、一歩誤ると大けがする作業ですが、何とか丸一日で張替え完成!素人ながらよくやったと自画自賛。

以上、実に有意義なこの2,3週間でした。

4月30日に脛骨高位骨切術のプレート抜去して

「さあガンガン走るぞ!」

と意気込んだのですが、あにはからんや弟はかる。なんでこんなところ痛くなるの?ってところが痛くてまともに走れません。まずは膝の裏から腓骨側の筋肉の痛み。外見的にも引きずる走りでした。確か1月にランを再開したときもそうだった。
ローラーでマッサージしてから走るとこの痛みはだいぶ良くなりました。しかしそのあと、痛みは前のほうに移動して前脛骨筋や、最近はシンスプリントのような痛みです。
プレート抜去前には正座も可能になったのが、一時的に不可能になりました。それも今はななんとかできるようになりました。
思うに、プレート抜去とはいえ、切ったりはったりの作業がなされたわけですから、そのあたりは循環不全に陥ったわけで、そりゃいろんなところに影響が出るわな。やはり時間が解決なんでしょうね。

そんなわけで気候のよかった先月は100㌔強しか走れず。最近スピードも回復傾向にあるので今月に期待するとすっか。

ランでキロ6分を切れるようになり、調子は上がっているとは実感しますが、高々10キロちょっと走っただけでその後疲労感が増して眠くなります。今までは30キロ位走るとその後睡魔に襲われていたのですが、相当筋力が落ちたのでしょうかねえ。

反省も込めて、そして今後のけが予防のために、ついに筋トレにまじめに取り組む決意をして続いています。

なんにしてもきっかけが大事ですよねえ。必要性はわかっていても、ついつい先延ばしとか三日坊主で終わることはどんな分野でもありますが、あれほどやる気を起こさなかったのに、ほんのちょっとしたきっかけでやる気スイッチがはいるなんて、今更驚いています。

まあ、1年後ヴィネのシックスパックスが疲労できると思います。乞うご期待!!