千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

ブログ 一覧 (2018年10月)

今までの ブログ の一覧です。

2018年10月26日(金)
2018年10月25日(木)
2018年10月10日(水)
2018年10月10日(水)
2018年10月08日(月)

1972年にNHKで「西部二人組」という少しコメディーがかった西部劇のTVドラマが放送されました。ヴィネの年代の方は覚えている方がと思います。結構人気ありましたから。

嬉しいことにそれが最近DVD化されました。ストーリーで覚えているのは一つもありませんでしたが主役の二人の顔は鮮やかに記憶に刻まれていました。

西部劇は大好きでしたが、「西部二人組」はとりわけお気に入りでした。軽いタッチで殺し合いをメインにせず、探偵番組のように視聴者にからくりを考えさせる内容でした。真剣に見ていないとその入り組んだ内容が理解できずに終わってしまいます。軽いジョークも思わずニヤリとさせます。

主役はピート・デュエルとベン・マーフィー。前者がハンニバル・ヘイズ役で、後者がキッド・カーリー役。ヘイズは頭がよくて策略家。金庫破りの名人でもある。カーリーは早撃ちの名人。二人とも人間臭くって天真爛漫なところが大好きでしたが、ピート・デュエル(左の写真で黒っぽい服を着ている方)の方に人気があり、ヴィネも彼のファンでした。

ところがなんと、1971年12月31日、ピートがピストル自殺をしてしまったのです。

其の後ピート役を引き継いだのがロジャー・デイビスでした。しかし彼の雰囲気がなんとなくベンに似ているので(?)ピートほどの人気が出ず、下火となってしまったというのです。

ヴィネにはロジャーの記憶がないので、ピートの死後は日本では放映されなかったのかもしれません。

ピートの自殺は当時のヴィネにも大ショックでした。最近知ったのですが、彼は不眠症に悩み、ウイスキーもボトル一本をあけるほどの酒豪で、役どころとは違って精神も細やかで完璧主義だったらしいです。

どうして急に「西部二人組」のことを思い出して検索したかというと、ふと小説を書こうと思ったからです。その参考にできないかと思って、まさかとは思ったのですがググったらDVD出版の話が出てきたというわけ。最近の楽しみはこのDVDをみることで、50話もあるので内容をすぐ思い出すようにメモっています。

いろいろな分野でAIが人間の仕事を奪う将来は遠くないと言われています。30年後には今の職業の3,4割はAIに変わるかもしれません。

しかしAIが代われない仕事もあります。建築業とか道路工事とかの肉体作業。学校の先生の仕事も人間がやらなければならないでしょう。AIに変わってほしいけど絶対に変わらない分野っていうのもありますね。

政治家です。

今の日本はアホな政治家が私利私欲に走っているだけです。AIならモリカケ問題もバッサリと英断を下してくれるでしょう。

ところで医療ではAIが活躍する分野はあるのでしょうか?

そりゃ大ありです。まず診断は得意分野ですね。CT,MRIの読影は見落とさないでしょう。治療法の選択も人間よりはAIのほうが正しい診断を下すでしょう。
AIとは違いますが、将来がん検診は血液一滴で多くの癌が診断できる時代になります。健診で生きている医者は淘汰されるでしょうね。

一方、AIが入れない分野として考えられる筆頭は在宅医療かな。

というわけで昨日は木更津まで出張して、ある在宅専門の医療機関の見学をしてきました。ここはほぼ100%在宅専門でやっています。診療所に入ってみての第一印象は「診療所というよりは事務所」です。看護師や事務員が向き合ったテーブルにパソコン並べて作業しています。そのわきには多くの書類。壁の大きなホワイトボードには1週間のスケジュールが細かく書き込まれています。260名の受け持ち患者さんたちにいつだれが訪問するかが書かれているのです。

小規模に在宅医療をしている当院との差は歴然。今後、さらに在宅医療のニーズは増えます。ヴィネはその中でもっと大きく在宅医療に舵を切るのかいま考慮中です。在宅医療が大変だという人がいますが、非常に魅力ある分野です。まだこの分野では権威というものが生まれていませんし、だからこそ自由に自分の発想で在宅医療を発展させることができます。特に認知機能が落ちている人たちに対する医療や介護は医者があまり得意とするところではないような気がします。こういった患者さんから生い立ちを聞き取れた時は、何かお宝を掘り当てたような気がしてとても興奮します。

一方、ヴィネは外来医療も捨てられません。今、爪というニッチな分野に興味があって、患者さんは困っているんだけどどこの医者も手を付けない分野にとてもひきつけられます。それとやっぱPRPですよね。これだって市原市やれば歯科医を除けば初めてかもしれません。

動物のおならから離れて、今日はまじめに人間の目に見えない排せつ物についての一考察です。

まあ、こんなタイトルでコメントをかける医者は、食と医療の根源的関連を追及するヴィネを置いていないでしょうね。

昔テレビで「おならが臭い原因はストレスだ」と、いかにもホントくさい理由を述べた医者がいましたが、あれは嘘です。その医者は休日のほうがリラックスしているため、おならは臭くなくなるとまで言い切りましたが、全くそんなことはないことが自験例で判明しています。また、肉をたくさん食べるとおならが臭くなると、生化学的な説明までつけてまことしやかに言い切った学者もいましたが、それも嘘です。

では何が大きな要因なのかですが、それは「食事の量」です。つまり、食べ過ぎだとおならは臭くなり、適切量もしくは腹七分目くらいだとおならは限りなく空気と化します。したがってその達人ともなると、人ごみでも会議中でもデートの最中でも、ためらいなくおならをすることができるようになります。ちなみにヴィネはすでに達人の域に達していますが、マナーがあるのでそんな場面ではしませんが。

とっくの昔にその理論を確立しているヴィネが、どうして今になってそれを公表するに至ったのかですが、新聞に「ヒツジ・牛げっぷ ストップ!地球温暖化」の記事を目にしたからです。ヒツジや牛など反芻動物の胃ではメタンガス発生して、それは二酸化炭素の25倍もの温室効果があるとされているため、酪農国では大きな問題になっているのです。メタンガスは9割がげっぷとして、1割がおならとして排泄されます。そのげっぷを減らすための方法について記事は書かれてありました。
そもそもげっぷをしやすい個体とそうじゃない個体の差は、前者が一度にたくさんのえさを食べ、後者は小分けして食べる傾向にあったのです。おそらくその食べ方によって腸内細菌の種類も違ってきていると思われます。
また、海辺で飼われている牛は健康で乳の出がいい、その原因は快走を食べているからだ、とカナダでの報告があります。そこで豪州の酪農家が羊のえさに2%の「カギケノリ」を混ぜたところなんと85%ものメタンガスの削減に成功したというのです。さらに試算ではもし世界中の家畜の10%がカギケノリを飼料に使えば、車を一億台分減らしたのと同様の効果があるというのです。

以上の記事を読み、やはりヴィネの理論は正しく、人間のみならず動物に普遍的に通用するものだと思われました。さらには地球温暖化防止にも役立つわけです。
ゆっくり食べることは少食につながります。さらに常々ヴィネは海藻やキノコなど、カロリーゼロで豊富な繊維を食べろ(一方「サラダは空気!」)をたくさん食べろと言い続けていますから、本能的にすべてに正しいことに気づいているわけですよ。

さあみなさん、海藻とニブリング(ちょびちょび食い)で、究極の無臭おならをゲットしましょう。

 

すべての動物じゃないと思いますが、よく動物は縄張りを示すのにおしっこをすると言われます。また、おしりを木の幹などに擦り付けることも縄張りを示す行為だと言います。これって肛門腺から分泌する液体なんでしょうか?

じゃあうんこはどうなんでしょうか?うんこは個体を識別するにおいの差があるんでしょうか?犬に限ってみればおしっこのようにちょびちょびするわけじゃないから、縄張りを示すには不都合な気がします。それに人間の何万倍も強い嗅覚を持っている犬ですから、もしうんに個体を識別するにおいの差があったとしても、あんな臭いうんこをクンクンかいで「こりゃ隣のポチのうんこだ」と日課にするのはあまりにもつらすぎます。ということでうんこは単に生理的反応で出しているだけでしょう。

と、ここまで書いたところでネットで検索すると、16%の犬に食糞(二日以内のうんこならほかの犬のうんこまで食べる)の習慣があると知って仰天。その理由はまだ解明されていないけど、犬は自分の生活圏域にうんこがあるのを嫌うのでたべるとか、うんこの中にある寄生虫の卵が孵化する前に食べてしまうとか、今の犬の食事は栄養過多で、うんこにも栄養成分が残っているから食べるんだとか、どれも眉唾ものの理由が書いてありました。

閑話休題、じゃあおならって彼らにとってどういう位置づけなのでしょうか?

ブッと電柱めがけておならしても、風で飛ばされてにおいを残すことはできないはず。うんこと同様、単に生理的な反応で出しているのでしょう。

ヴィネはここでさらなる素朴な疑問を抱きます。

動物は、人間同様周りに誰かいるときにおならして、ばつが悪いなんて思うんでしょうか?

単独行動する動物はいいですよ。でも集団で行動するシマウマとか、ヌーとか、オオカミとか、もし一匹が集団のまん中でおならしたら
「う、くせー。こんなとこでやるやついるか?お前場所考えろよな」とか、
「下っ端のお前は、風下でやれよな」とか言われるんでしょうか?

それとも自然の食事をしている彼らのおならは臭くないのでしょうか?

犬を飼っている人に質問です。もし飼い犬が臭いおならしたときに、飼い主がとても不快な表情を示したら、以後その犬はおならをするときに申し訳なさそうな表情をしていますか?また、隠れておならするようになりますか?とても疑問です。

スポーツを観戦していて、本人にはそれなりに理由あるのでしょうが、見ていて「いやだなあ」という場面があります。

それがあまりにも頻繁なのが卓球の張本です。ショットを決めるたびに雄たけび出して握りこぶしに力を籠める。自分に気合を込める理由があるのでしょうが、あまりにも大げさで実に不愉快。相手選手に対しても失礼すぎませんか?こういう態度日本卓球協会は注意しないんでしょうか?今後世界的な大会で審判から注意されることもあり得ますよね。

全米オープンテニス決勝でも、セリーナ・ウイリアムズは審判に食って掛かったりラケットをコートに思いっきりぶつけて壊したりしてペナルティー受けましたよね。

観客あっての選手ですからね。

シカゴマラソンで大迫傑が2時間5分50秒の日本記録で3位でゴールしました。

そのニュース画像を見て驚いた人は多かったと思います。トップ選手のほとんどがナイキのウエアとシューズを履いていたのですから。リオでもナイキは大活躍しましたよね。ヴィネも復活の時はナイキで間違いなし。

しかしマラソンランナーでも記録を作れば1億円ももらえるなんて時代が変わりましたねえ。これから1秒刻みで記録更新してほしいですね。。

人のたんぱく質の3割がコラーゲンといわれています。皮膚や血管、軟骨その他の臓器を作る重要なコラーゲンですが、それは年齢とともに劣化変質していきます。単に年のせいといってあきらめるのではなく、さらに突き詰めると、酸化と糖化が大きな原因です。

酸化とは紫外線、ストレス、激しい運動、たばこなどの刺激によって生成される活性酸素がその根本原因です。となると、ランナーは当然タバコなんか吸っちゃいけないわけです。UVも特にUVAがコラーゲン劣化に関わるので、SPFだけじゃなくPAの値も重要ってわけです。激しい運動はしゃあないわけだから、ストレスのたまらないような精神を持たなきゃいけません。

ストレスのない人間なんていませんが、それをいかに引きずらないかが大事です。まあ、発想の転換が得意で、それを行動にとれることが重要かな。ちなみにヴィネは28歳の時に強烈なストレスから胃潰瘍になったんですが、それ以来上からの締め付けには「あほくさ、やってられねえよ」と、気持ちを切り替えるのがうまくなりました。こういったところが異端とか変わってるって言われるのかな。

さて糖化ですが、これは摂取した糖と体内のたんぱく質が化学反応を起こしてAGEs(終末糖化産物)という異常タンパクを生成することです。このタンパクは正常な働きができなくなるのです。

こうしてみると、糖ってホント怖いですね。単に減量のために糖質制限するだけじゃなく、もっと高いレベルで糖質制限しなきゃいけないんじゃないかって思いますわ。

残念なのはヴィネが糖質制限の重要性に気づいたのが、もう60近くになってからですから、今までの邪食の影響が体の髄までしみ切っているんじゃないかということです。しかしまあこれから縄文食に徹すれば、そのマイナスを取り戻せるかもしれないという淡い期待を持ちましょう。

ところでなんで突然コラーゲンの話をし始めたかっていうと、PRP療法を受けた時に整形の医師に「先生のコラーゲンはもう変質してますからね」といわれたからです。
そうか、年齢による衰えをコラーゲンの変質という視点で考えると、妙に納得し、今までドン・キホーテのように粋がって頑張ってきただけなのかなと考え直したってわけ。
まあこれからは変質者っということで自らを納得させ、一方で過去は過去で心に納め、これからは気持ちを新たによみがえりの人生に邁進しようと考えるのであった。