千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

がん治療

現代医療のがん治療は手術・抗がん剤・放射線療法が中心となっています。

非常に攻撃的で、がん細胞のみならず正常な細胞をも傷つけます。

そして時には治療をしたために死期を早めてしまうこともあります。

また、術後の痛みなどによる日常生活の著しい制限、放射線療法や抗がん剤による強い副作用などの弊害もあります。

早期がんでなければ現在本当に延命効果のある治療法は非常に限られています。

当院で行っている代替療法(体にやさしいがん療法)

当院では原則として入院を前提としない治療法を指導しています。

自分の体にもともとある免疫力をじっくりと上げていってがんをやっつける治療法です。したがって末期がんにはあまり効果が上がりません。

食事療法(食養生)はすべての代替療法の基礎に位置づけられる重要なものです。

当院での食養生は、ゲルソン療法を根幹としています。

ゲルソン療法

ゲルソンは1930年代にアメリカでただ一人ガン治療に成功した医師です。

彼のがんに対する考え方は次の言葉に表されています。

「現代医学は腫瘍のみがガンと考えているが、これが最大の間違いである。

ガンの腫瘍はガンの症状のひとつではあっても、ガンの全てではない。

ガンとはガン細胞(税別)を生み出すような体全体の栄養代謝の乱れである。

ガンは全ての疾患のなかで最もひどく栄養代謝の乱れた病気である。

従って、腫瘍に目を向けるのではなく、体全体の栄養代謝を正せば、ガンは治る。」

とはいえ、ゲルソン療法も万能ではありません。末期ガンには効果はあまりありません。

小野木医院では、初回にゲルソン療法の基本的な食事指導と、定期的な食養生実践指導を行っています。

又、ゲルソン療法に必要な道具や食品の販売も行っています。

ゲルソン療法主な特徴

野菜

  1. 肝臓を強化して有害物質を排除する。
  2. 十分なミネラルを補給する。
  3. 新鮮な有機野菜と果物を大量に摂る。(生で摂ることを主体とする。)
  4. 動物性たんぱく質、塩分の厳しい制限。

大変きびしい食事療法ですが、「このくらいはいいだろう」とか「1回ぐらい平気だろう」などと自分の都合のいいほうに解釈しないこと。

一人よがりにならないように医療機関との連携が必要です。

当院の診療方針

1.穀類は未精白で多くの種類から摂る。
  • 玄米、玄麦、粟、ひえなど
2.極力有機の野菜と果物を摂る。
  • 人参ジュースと青汁を各1日3~4回飲むこと。野菜スープも可、ただし極力水を使用しないで作ること。
3.調味料使用上の注意。
  • 塩、醤油、味噌は極力使わないこと。(変法では3グラムまで許可)
  • 甘味は黒砂糖と純粋蜂蜜を使用のこと。(決して使いすぎないこと)
  • 香辛料も使わないこと。
  • 酢はつかっても良いが、質の良いものにすること。
  • サラダドレッシングは自家製のものを使うこと。
4.コーヒー浣腸
  • コーヒー浣腸は肝臓から有害物質を排泄するのを助ける作用がある。また、有機栽培コーヒーを使用したほうが良いでしょう。
  • コーヒー浣腸の道具 (500㏄)7500円
5.禁止する食べ物、嗜好品
  • タバコ、肉、魚、卵、牛乳、加工品、燻製、干物、香辛料
6.処方薬
  • ビタミンB12、消化剤、漢方薬、杏仁や高麗人参などの生薬

費用

ゲルソン療法指導料(予約制)
  • 初回 35,000円~
  • 2回目以降 3,000円
その他
  • リトリールの点滴 1回3,900円(同時に大量ビタミンC療法も行っています)
  • リトリールはご自分での購入となります。当院から処方箋は出すことができます。