千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

安倍辞任 - ブログ

非難覚悟で書きます。過去に辞任の理由で病気をこれほどに表に出した首相がいたでしょうか?

そして潰瘍性大腸炎の悪化??潰瘍性大腸炎は国指定の難病ですが、第一次安倍内閣辞任の時は専門家の診断は機能性胃腸障害でした。機能性胃腸障害は、緊張すると腹が痛くなったり下痢したりという病気で、難病でも何でもありません。モリカケ問題や桜を見る会など多くの人ならストレスでつぶされそうになるような状況を難なく乗り越えてきた人が機能性胃腸障害というのもにわかに信じがたいですが、診断断が間違っていたなんてことはないはず。今回も機能性胃腸障害じゃないでしょうか?またたとえ潰瘍性大腸炎だとしてもこれを抱えて仕事をしている人はたくさんいます。「悪化したからと言って責任ある立場から降りることができるなんて!」と思う患者さんは多いと思います。

第一次内閣の時は自らの政策の失敗もありましたが、閣僚の不祥事がたびたび重なって、支持率低下していきなり辞任しました。今回もコロナ対策がみな外れて、しかもオリンピックも開催される可能性がなくなりつつあって、何のレガシーも残せなくなりました。今後もコロナ対策では指導力を発揮する自信がなくなり、それを考えるとおなかが痛くなって下痢しちゃった。ここで第一次内閣辞任の時の国民の同情を思い出して、病気を前面に出したのではないかな?

ヴィネが昨日の会見で気になることがありました。それは[新しい治療に取り組んでいるが、一定期間、続ける必要がある。悪化のリスクもあり、前の政権の時のように突然辞任をして迷惑をかけることがあってはいけないので辞任の決断をした」の言葉にあります。裏を読めば、コロナが収束したら「薬が効いてよくなった」という理由が通ってまた首相になることもできるということになりますし、なかなかコロナが収束しなければ、いつまでも「潰瘍性大腸炎と戦っています」と同情を集めることも可能です。また前の政権のように突然辞任して迷惑をかけることがあってはならないといいますが、今回も十分突然ですよね。連続首相在籍期間を更新した直後だしね。夏以降コロナ対策では全然表に出てきませんでしたし、記者の質問にも答えませんでした。

いずれにせよ、聞く立場から見ても病気を辞任の理由の前面に出して後味が悪い辞任会見でした。

 

いいね (3 )
読み込み中...