千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

新着情報 一覧

今までの 新着情報 の一覧です。

A video of disinfecting the inside of the building is being broadcast on TV as business reopens and schools resume.

When I watch this video, I think, “They’re doing wasteful things. It’s a loss of time and money.”
You closed shops or schools for a month or so until you restarted. Even if someone who had a coronavirus had entered the facilities before you closed it, and he/she spreaded the virus,  the need to disinfect the inside should be gone.

There was a research result that examined the survival time of coronavirus. Certainly, the surface of the plastic kept its infectivity for 3 or 4 days. Based on the results of that study, if the facility was closed for more than a week, corona virus would have died. Viruses can only survive in living cells.

When a person is charged with responsibility, he / she wants to do various things. In the corona epidemic, professionals want to regulate wareing masks, disinfectants, handwashing, and misunderstand that they are responsible.

A truly capable person is a person who can take measures by simultaneously considering how many people will implement it if it is regulated, and what kind of harm will be done by doing it. .. Unfortunately, there is no such person, politician or official in the current corona-fighting professionals.

営業再開や学校再開に伴って建物の中を消毒する映像がテレビで流されています。

ヴィネはこの映像を見て、「無駄なことしているなあ。時間とお金の損失じゃないか」と思っています。再開まで1か月とか長期にわたって店や学校を閉めていたわけですよね。もし閉める前にコロナウイルスに感染していた人がいて、ウイルスをまき散らしたとします。それでも1週間も放置してれば中を消毒する必要性はなくなってるはずなのです。

コロナウイルスの生存期間を調べた研究結果がありましたよね。確かプラスチック表面では3,4日感染力を保っていたというあれですよ。あの研究結果を根拠としたら、1週間も施設を閉鎖したら、たとえその中にウイルスがいたとしても死んでいるはずですよ。ウイルスは生きた細胞の中でしか生き続けることができないのですから。

このような正しい情報を根拠とした生活様式の情報を流さずに、何でもかんでもマスクだ、消毒だ、手洗いだ、といろいろ規制をしたくなるのは、ある責任をまかされた人間がとりがちな手法で、それによって自分たちが責任を果たしていると勘違いしているのです。

ほんとうに有能な人間は、その規制をすることでどれだけの人間が実践してくれるのか、そして実践することでどのような弊害が出るのか、をも同時に考えて対策をとることのできる人間です。残念ながら今のコロナ対策の専門家集団にも政治家にも役人にもいません。

 

最近テレビなどでフェイスシールドをつける人を見かけます。中にはマスクをつけた上にフェイスシールドつけている人もいます。

元々は医療現場で目から入る飛沫を防止するものとして使われ始めたのですが、最近はそれを真似して、なんでもつけてりゃ予防効果があるんじゃないか、と言った考えでつけてる人が多いのではないかと思います。

マスクにしてもフェイスシールドにしても飛沫感染予防ですから、あごあたりまでのフェイスシールドつけていればマスクはいらないはずです。また、政治家が会見するときにその後ろで手話通訳者がフェイスシールドつけているのを見ますが、彼らはマスクをすると表情が読み取れないのでフェイスシールドだけで予防しているのです。しかし彼らに向かってはなしをする人はいないので、彼らもフェイスシールドをつける必要はないのです。

何のために使うのか?それは無駄ではないのか?という思考が、全国民の中で全くなされていません。

「新しい生活様式」という実に不愉快なライフスタイルを提案されtげいます。こんな不自然な社会生活を平気で口にできるなんで、相当感性が鈍っているとしか言いようがない。かかわった人間は専門家、政治家、霞が関の役人でしょう。男社会で他人を思うことをしなくていいような立場の人間集団だからできるのかなと。

またこういう生活様式をしろと言われて反論しない日本人もどうかしている。忖度することが気が利くことと誤解され「空気が読めない」ことが非難されたりする日本社会です。もう大人たちには期待できない。子供たちにしか期待できないのかもしれない。

「こんな規制だらけの学校生活いやだ」「給食の時は友達と話したい」と、どんどん文句言ってほしいです。そのうち良心的な大人たちが気が付くことを期待している。

学校では外の運動の時にはマスクをつけないでいいとされています。またプロ野球の練習も再開されています。当然選手はマスクしていません。

ところが先生や監督はマスクつけて生徒や選手を見ています。これっておかしくありませんか?というか当事者は「変だ!」と気づかないのでしょうか?

ともに外にいることはおなじですが、立場が違います。

生徒や選手は呼吸が苦しくなるからマスクをしない。でも先生や監督は苦しいわけじゃないのでコロナ予防でつける、という理屈ですか?

もし外にいてコロナに感染するとしたら、より多くの呼吸をする生徒や選手のほうがコロナ感染の危険が高まるはずじゃないですか。それなのにどうして彼らはつけなくていいんですか?コロナ感染予防が優先なら彼らこそマスクつけなきゃいけませんよね。

結局みんななんとなくつけていれば安心なだけなんですよ。「戸外ではエアロゾルは拡散されて、コロナに感染する機会は激減するというか、まずありえない」ということに気づいていないのですよ。またそのような思いがあっても、それを後押ししてくれる人がいないから信ずる事ができないでいるのです。そういう意味ではマスコミにも大きな責任があります。もちろん一番責任が大きいのは専門家集団です。

昨日東京まで電車で往復しました。ヴィネは果たしてどれだけの人がマスクをしていないか観察しました。

結果往復2時間で電車の中と駅で見かけたマスクなしの人は10人でした。男女比はほぼ同じ。果たしてこれらの人がどのような考えでマスクをしていなかったのかはわかりません。ヴィネと同じ「マスクには感染予防の根拠なし」との判断からか、たまたまマスク持っていなかったからか、マスクすると苦しくなるからか、それとも「冗談じゃねえや、こんなのやってられねえ」との判断か?

いずれにせよこういう人たちが少しずつ増えて、元の姿に戻ってほしいです。ヴィネですか?当然マスクはしませんでした。もちろん鼻うがいとハチミツうがいはしましたよ。

コロナ対策として休校や休園が続いたことに対して、小児科学会が「感染防止効果は乏しい一方、子供の心身に及ぼすデメリットが多い」という報告をまとめたとのこと。

多くの場合子供が感染しても軽症だったし、学校などが感染源となった症例がほとんどない。子供の感染は親からの感染がほとんどだったと指摘。

一方屋外での活動や社会的な交流が減少したと言った影響が大きいと指摘。家庭内暴力も虐待リスクの増加も懸念されると言及。

今後休校を検討するときは子供や保護者に及ぼした影響も考慮して慎重に判断してほしいとの要望を出した。

やはりこうでなくっちゃいけませんよ。専門家も政治家も感染防止を錦の御旗にして国民に大きな制限を負わせ、そのことが及ぼす影響について何も考えなかったのでしょう。でも「コロナなんだから」「誰が悪いわけでもない。コロナが悪い」と責任を取らず。

小児科学会は緊急事態宣言の効果とそれがもたらした影響についてきちんと自ら検証しています。コロナの流行で、このような検証がされたのは初めてではないでしょうか?本来はほかの医学会もマスコミもその責務を負っているはずですが、みんな上から言われたことにまるで飼い犬のように従ってしまいました。

いくら緊急事態だと言ってもただ「制限、制限」「コロナだからしゃあないだろう」と有無を言わせぬやり方は無能な人間の極みです。突然人の社会活動を大きく制限することをいくつも一気に負わせたらどうなるのか、専門家も政治家も全く考慮しませんでした。
うつになる人、自殺する人、路上生活者が増えること、家庭内暴力、虐待、生活習慣病の悪化、肥満、生活困窮者の増加、挙げればきりがありません。

さらにこの上「新しい生活様式」など、こんな奴らに指示されたくないわ!

昨夜は急病センターの担当でした。3時間でたったの二人の患者さんです。コロナ流行から多くても7.8人、少ないとゼロ人という状況です。コロナ前は10人来れば「少なかったなあ」と思っていたのが嘘のようです。

少なくなった理由は「急病センターに行って、具合の悪い患者さんがいると移されるかもしれない」という不安が大きいでしょう。また、「このくらいなら様子見よう。明日かかりつけ医に見てもらおう」という判断でしょうか?
でも本当に辛ければ来るはずですから、今までは不必要に「念のためみてもらおう」という考えの人も多かったのではないでしょうか?

と考えると、日本は医者が多すぎるのかと思うでしょうが、実は10万人当たりでみるとドイツのなんと半分。主要7か国の中でも最低レベルと言います。コロナ流行で欧米に比べると爆発的な患者の発生はなかったのに、東京では医療崩壊寸前まで行きました。社会保障費が少ないかと言ったらそうではなく、国の出費の3分の一が社会保障費なのですよ。いったいどこに使ってるんだよ、ですよね。

金は使っているけど医療体制は貧弱

必要もないところに医療費が使われているんだろうなあ。風邪の初日で10以上の薬出す医者もたくさんいるし、次から次に薬ふやす医者もいれば、医者に黙って薬を捨ててる患者も多いし、他院で出ている薬を「うちから出すから、手持ちの薬は捨てて」と平気で言う医者もいる。CT,MRIを持っているとリース代支払うため、必要性とは関係なく頻繁に撮る医療機関もあるし、処置などで際限なく通院させるところもあります。

今の専門家のコロナ対策みていても、コロナ後に医療体制の本質が改善される感じがしないよねえ。

The Tokyo Olympic Games in 2020 has been extended for one year, but unless the corona pandemic is completely over, it will not be extended again.

Teams and spectators from all over the world come to the Olympics. Many people move. Even if the outbreak of patients is suppressed in Japan, it is impossible to hold an event if the outbreak is not suppressed in any part of the world. There is concern over the spread of infection in areas where medical infrastructure such as South America and Africa is not in place. Also, even if a vaccine is developed, it will not be possible to supply it to the world in the next year.

The decision on whether to hold the Olympics next year will be made around October. And when it was called “abandoned”, the Abe Cabinet, which wanted to make the Olympics a legacy, will retire.

If the Tokyo Olympics next year are canceled, it is unlikely that the Beijing Winter Olympics will be held half a year later. If that happens, the significance of Olympics things may be diminished.

2020年のオリンピック東京大会は1年延長されましたが、コロナパンデミックが完全に終息しなければ再延長はないとのことです。

オリンピックには世界中から選手団や観客が来ます。多くの人が移動します。たとえ日本で患者の発生が抑えられたとしても、世界のどこかの地域で発生が抑えられなければ大会開催は不可能です。これから南米やアフリカなど医療インフラが整っていないところの感染拡大が懸念されています。またワクチンがたとえ開発されたとしてもそれが世界中に供給されるかどうか、あと1年では無理だと思われます。

来年オリンピックが開催できるかどうかの判断は10月ころになるようです。そして「中止」となった時に、オリンピックをレガシーとしたかった安倍内閣は退陣するでしょう。

来年の東京オリンピックが中止となったら、さらに半年後のぺキン冬季オリンピックが開催されるとも思えません。そうなるとオリンピックスのものの意義も薄れてくるかもしれません。