千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slide One
Slide One
Slide One
Slide One
previous arrow
next arrow

新着情報 一覧

今までの 新着情報 の一覧です。

2023年01月19日(木)
2023年01月11日(水)
2023年01月09日(月)
2022年12月31日(土)
2022年12月29日(木)
2022年12月29日(木)

昨日、曇りだけど風もなく、寒すぎず、ランにはいい天気でした。

しか~し、スタート直後から「今日はちょっと変だなあ」
スピードが上がらない。20キロ当たりでいい波に乗れるはずなのに全くです。むしろどんどんスピードが落ちていきます。

原因として頭をよぎったのはシューズです。

ナイキがソールに反発プレートを組み込んで記録が軒並み上がり、ほとんどのトップランナーはない気に流れたといわれていますが、ほかのメーカーがそのまねごとをしているのです。アディダスのこのシューズは、ソールにプレートではなく5本の指に向かって細い板状のものを入れ込んだとのこと。プレートでは特許侵害になるからでしょうかねえ。

しかしこのシューズ、足を全体に締め付ける感じが強くて、履いていて疲労感があります。今回調子が上がらないのは、どうもこのせいではないかと思っています。足から疲労がだんだん上行性に伝わって、20キロ過ぎに足が動かなくなっているのではないか?

まあ本番前にこの事実が分かっただけでも良かったですよ。それに今回ハムのツッパリ感も出ていないし。

しかし30キロでやめてしまったので、レース本番の最後の走りはどうなるのか予想ができず不安が残ります。今回はあんまり気合を入れずに3年ぶりのレースを楽しむ気持ちで臨みましょうか。

 

。 できれば40キロ走っておきたかったが、時間がなくて30キロでやめました。

前回の長距離走よりスピードアップしてキロ4分46秒まで上げられました。しかし20キロあたりからハムストリングの座骨付け根付近に疲労感が出てきました。これは本番でスピードダウンする大きな要因だと思いました。このペースで走ったから30キロでもペースダウンしないですんだのだろう。キロ4分30秒で走っていたらおそらく後半は足が動かなくなっていたに違いない。

練習後、ハムストリングのストレッチマッサージを十分やりました。しかしレースまであと2週間しかありません。最後の1週間は練習を落とさなければなりませんから、明後日どこまで追い込めるかですねえ。うまく仕上がればキロ4分40秒くらいで行けるかもしれませんが・・・。

ところで若潮マラソンの出場者ですが、ピーク時の3割減らしいですから、かなり閑散としているのかもしれません。とはいえトップ選手は参加しているでしょうからまあ60台の優勝は当然3時間10分は切って6,7分くらいかと思います。

昼食時に漢方の雑誌を読んでいました。「爪甲剥離に四物湯が奏功した一例」という記事でした。爪甲剥離とは爪の上の部分がはがれてくる現象で、見た目が非常に悪くなるだけではなく、その爪が弱くなるので爪を立てて何かをすることができなくなります。その症例はかなり重症で詰めの半分以上が剥離して(実際にははがれていませんが、爪の真ん中に隙間が入ったような状態です)爪の透明感が完全に失われています。それが8か月ですっかり良くなったという報告でした。

ヴィネはこの記事を読んでいて「あれ、そういえば」とあることに気づきました。いつの頃からでしょうか、10年まではいっていないと思いますが、ヴィネも手の爪が薄くはがれる現象が続いていました。ヴィネのは軽症で先端から1,2ミリ程度まででとどまっていましたが、はっきり言って不快です。

爪に関する本には大したことが載っていません。乾燥が原因だから保湿剤を爪にも塗れとか、マネキュアを塗れとか。実際実践してもすぐに忘れてやめてしまいました。実際乾燥が原因とは思えません。だってヴィネはろくに手を洗わないし、手自体は乾燥していないのにどうして爪が乾燥するんだよということになります。

結局ほとんど何もしないまま数年の月日が経ちました。そしてこの雑誌の記事を読んで、自分の爪を見ると

治ってる!!!

全く気に留めませんでしたが、完全に治っているじゃありませんか?

どうして?そこですよね!おそらく1年前ははがれていたはず。じゃあ半年前は??どうもそのころから自然に治ってきたんじゃないかなあ。いったい何が奏功したのか?生活の中で何か以前と変わったことはないだろうか・・・・・・、食事運動睡眠、何も変わっていません。しかしあることに気づきいました。

運動後のプロテインです。

これは確かに半年くらい前からの習慣です。ハードな練習をするとだるくなる症状の改善のために、またハードな練習を積んで肝機能悪化するのを防ぐために、ザバスの軍門に下ったわけですが。確かに練習を積んでもだるくなくなり、肝機能悪化もなくなりました。しかし爪までよくなるとは、にわかには信じられません。だって血液検査ではたんぱく質は十分にあるんですよ。しかし肝臓は爪の成長と関係があると漢方では考えられているので、全く無関係とはいえないですね。

いや~、体の神秘というか、まだまだ医学は奥が深いなあと思いました。でも最先端医療が進んでも爪甲剥離の根本的原因は永遠に研究対象にならないでしょうな。

もしかすると今爪甲剥離に関しては、ヴィネが一番の権威なのかもしれません。

  館山の若潮マラソンに向けてもう後がありません。4日前に足を痛めてしまい、失意の底にありました。12月30日に30キロ走をしたっきり30キロ超のランをしていません。これって超不安じゃないですか?

幸い昨日のランで何とか痛めた脚は回復傾向にあると思われましたが、果たして長距離に耐えられるのか?
試すより仕方ありません。

というわけで11日ぶりの30キロ超のランに挑みました。途中ガス欠にならないように食料も持参です。コンビニによってもいいので志うが、マスクを持参していないことをとやかく言われたくないので、すべて自己完結することにしました。

はじめは5分30秒を切る程度で淡々と走っていきます。10キロ過ぎから5分切りになりました。ほぼイーブンで行けています。いやむしろ後半少しタイムが上がり、最速で4分36秒です。呼吸は全く苦しくなく、それより脚の後面が突っ張りとか疲労感が出てきました。やはりストレッチ不足を長距離に慣れていない筋肉のせいだと思われます。最終的には35キロ超を走ることができて満足度90%。40キロ目指したかったのですが、あまり家を不在にすると、留守番しているアンディがかわいそうなので、35キロで上がりました。

このまま怪我無く練習を積めれば、自己初マラソンの3時間29分(33歳の時の若潮マラソン)はもちろん、3時間20分あたりを見据えたランも可能かもしれません。

「お前は引っ込んでろ、アンディを出せ」とのお声が強くて時々はアンディに登場してもらうことにしました。

アンディは野生動物の端くれですが、やはり固いところよりは柔らかいところの方が居心地はいいんでしょうね。普段はたたんだ布団の上で寝るのですが、羽毛布団の方がより快適なのを知ってか、干している羽毛布団の端っこに寝床を見つけました。

 

 

 

 

 

爆睡すると結構無防備です。

もう野生ではないのかも。

手の曲げ具合がかわいいです

 

 

 

 

 

じっとこちらを観察するアンディ。これは少しでも食べるしぐさをしたら駆けつける臨戦態勢です。視線の先には定位置で座るヴィネがいます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてかわいい寝姿2連発と声をかけた時の寝ぼけた顔です。

ドロドロした人間社会にいると、動物の無垢の表情には癒されますねえ。

医者やめて動物愛護運動にかかわりたくなる瞬間です。

今月29日の若潮マラソンに向けて走行距離を増やしていかなければならないのに、全然走れていません。そこで今週と来週走り込みをして、レース前には2回40キロを走ろうと計画していました。

ところが7日の通勤ランで走り出して1キロで左ハムを痛めてしまいました。いすみマラソンの2日前には右の同じところを痛めました。

「あちゃー、またかよ。これでは29日は走れないかも・・・」

昨日は違和感抱えながらも8.4キロ走りました。果たして今日はどうか。その時にふと気づきました。「怪我の頻発はもしかするとへたったシューズのせいかもしれない。昨年秋に買ったナイキのシューズにしてみよう」

果たしてそれが功を奏したかわかりませんが、なんかいい感じで走れています。数キロ当たりで違和感はあまり感じられなくなってきました。

「これなら今日は結構いけるかも。今日の予定は最大でも14キロだけど、朝の食事は長距離を想定して食べてこなかったし、食料もお金もクオカードも持ってこなかったからなあ・・・」

 そんなことを考えながらも20キロコースに歩を進めました。すると17キロ地点でかなりの空腹感を感じました。その時に通りがかったのがこの看板。近くにはちみつ牧場があるのです。

うわ、食いてえ~~~

その時に現金を持って走らない主義の自分を後悔しました。

 

さて、17.5キロで折り返してそのまま帰るか、それとも脂肪を燃焼してどこまで走り続けられるものなのか迷いました。そしてランナーの性でしょうか、後者を選びました

 

 

しかも何を血迷ったか、昔30往復に挑戦したイヤミ階段を上ってみようとしたのです。もちろん1回だけですよ。そして今日はよく晴れているので、頂上から富士山が見られるかもしれないと考えました。残念ながらすでに昼を過ぎていたので、空気は透明感がなく富士山は見られませんでした。

走行距離は20キロ。空腹感がさらに増してきました。脂肪燃焼もわずかな糖質を摂取しながらでないと効率が悪いのでしょうか?残り6.3キロ、ヘロヘロ状態で自宅に着きました。

久しぶりですねえ、完全なガス欠ラン。それでも今日の収穫は大きかったです。2日前の怪我でもなんとかスピードを落として26キロ走れたんですから。また新たな怪我がなければですが、今週中に40キロ走れそうな気がします。

そしてこのような急回復できた理由は「ハゲマ」と「ハゲス」ではないかと思いました。つまり激しいマッサージと激しいストレッチです。本来お勧めの治療法ではないのですが、痛みの種類からして効果があるのではないかと直感したのです。

新聞にコロナで亡くなった人の葬式での感染対策を緩和するという記事がありました。

え!?あの全く意味のない納体袋とかって政府が指導したのか?
  死体は呼吸をしません。呼吸をしない限り、遺体からコロナウイルスが外に出ることはありません。棺桶に入れる際の移動の衝撃で少しウイルスが体外に出るかもしれませんが、それは鼻と口に詰め物すればほぼ防止できます。納体袋は医学的に見て全く意味のない処置です。

さらに遺体と面会が制限されることも全く医学的根拠がありません。

コロナ感染者だけでなく、未感染者が入院や施設に入っただけで強い面会制限が行われ、認知症が進んだりうつ病が併発したりします。感染者を減らすとかコロナの死者を減らすことにだけがやたら目的化されて、その厳しい対策による弊害には目を向けていません。
一度厳しい対策を強いると、その後それを緩める通達を出しても、自分の頭で考える事の不得意な日本人は周囲を見て行動するので行動の変容に時間がかかります。日本人は忖度ばかりして決して自分の頭で考えて行動しません。だからいまだに登下校では生徒たちはマスクをしています。おそらく納体袋も当分続くでしょう。

ヴィネはまず学校現場の厳しい対策を第一に緩めるべきだと思います。これまでの対策は子供たちへのしわ寄せが大きすぎます。

年末の休みに入って初日の28日、7キロ当たりで左ハムストリングスを痛めてしまいました。ひどくはないようですが同部を押すと痛みがあります。ごくわずかな肉離れかもしれません。マッサージとストレッチを施しました。

翌29日、ストライドを延ばさなければ走れることに気づいて、キロ6分弱のペースで何とか8キロを走る。

さらに30日、距離を伸ばして20キロ走る。ペースは5分32秒まで上がった。

この休み期間中に40キロを走ることが最終目的ですが、その前に30キロを走っておかなければなりません。コロナ禍以降走った最長距離は、いすみマラソンの準備過程で走った26キロです。30キロは最近のヴィネにとっては未知の距離。
 今日は曇り空で気温も上がりません。気持ちは上がりませんが幸い風がないのが救われます。スピードは5分25秒程度と思って出ましたが、意外や足が動きます。淡々と走って16キロまでで平均5分12秒でした。15~16キロは4分59秒と、ちょっと調子に乗りすぎたか?直後に右のふくらはぎに痛みが走りました。いすみマラソンの2日前にも痛めた右ふくらはぎですが、ちょっと場所がずれていて関節からは離れています。大事には至らない気がしました。
 さてこれからどうするか、Uターンして岐路に着くか、それともゆっくり様子をみつつ30キロ走るか?ヴィネがとったのは後者。痛みは強くないのでペースを落として予定したコースを行きました。何とか30.2キロを走りました。

しかしどうにも怪我が多すぎます。今後の練習にも不安を残すし、本番レースでもやっちゃうんじゃないかと不安がよぎりますわ。

皆さんの中にはインフルのワクチン打っていても感染したことがあり、「なんだよ、結局打ったって(予防)効果ないじゃん」と思っている人も少なくないと思います。なのにインフルの予防に手洗いマスク予防接種というのはなぜでしょうか?

いつだったかテレビでアナウンサーが専門家に「ワクチン打っていても感染するという声がありますが、どうなのでしょうか?」と聞く場面がありました。すると専門家は「それでも重症化を防ぐ意味はあるんですよ」と、ワクチン打っていても感染するのはなぜか、の問いには答えずに話をずらして、ワクチンを打つことを勧めていました。

実は日本のインフルワクチンは感染予防には役立ちません。というのも、初期の感染に働く抗体は鼻粘膜に存在するIgAというものなのですが、インフルエンザのワクチンはこれを増強するわけではなく、感染した後にあとで増えてくるIgGというものを増やしているだけなのです。

IgAを増強するワクチンは鼻にシュッと噴霧するワクチンです。もうだいぶ前ですが、テレビで欧米の国ではこのワクチンを使っているのを見たことがあります。これだと痛くないしいいなあと思ってみていたのですが、単にそれだけではなくインフル発生そのものを減らす可能性があるのなら日本も早くこれを取り入れるべきですよね。

ちなみにコロナワクチンも発生自体は減らしていないと思われます。死亡率は減らしているとは思うんですがね。そして問題は予防接種関連死が政府公表の何倍もありそうだっというのです。政府は「本当に予防接種で死んだのかわからない」という理屈で認めていないのです。そもそもワクチンとの因果関係を証明するのは非常に難しいです。それを根拠に「予防接種とは関係あるとは言えない」といっているのはずるくありませんか?

それとテレビにも出てくるコあるロナの専門家、東邦大学の舘田一博 教授が、コロナに感染してかなり重症化して人工呼吸器まで使ったのはご存じですか?そしてその専門家は、なんとコロナワクチンを打っていないのです。その理由が「私はアレルギー持ちだから」です。

え~~~~~!!!!国民には「アレルギー持ちでもワクチンを打たなくていい理由にはなりません」って言ってるじゃないですか!!!

舘田教授!!!!国民の前でちゃんと説明しろ!!!!

昨日のランで少しハムストリングを痛めてしまいました。ランニング中に珍しく左のハムに痛みが走りました。スピードダウンして残り7キロ、トータル14キロを走りました。今日は予定では20キロ超のつもりでしたが、まだハムが痛い。しかし走らないのは罪だ。

ショートストライドにすれば痛みはあまり感じないので、ゆっくりキロ6分で9キロ走った。

年末年始に走り貯めして、最終的には40キロを走って見たかったが、ちょっと無理そうです。しかしスピードを抑えてなら何とか走れそうなので少しでも距離を稼ぎたいですねえ。

やはり年齢とともに次から次へと怪我が発生しやすくなっています。来月末の館山は記録狙いは無理かもしれない。