千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ブログ 一覧

今までの ブログ の一覧です。

2021年02月20日(土)
2021年02月19日(金)
2021年02月18日(木)
2021年02月18日(木)
2021年02月10日(水)
2021年02月05日(金)
2021年02月04日(木)

久しぶりの自身のランニングの話題です。

1か月前から拙宅に来た保護犬のアンディは走るのがとても好きです。

ヴィネが無理やり走らせたからじゃありませんよ。拙宅に来た当日から散歩に連れて行くと、ガンガン走り出してこっちが息を切らすほどでした。
「こいつには才能がある」と見込んだヴィネは、それから一日も欠かさず朝ランに連れ出しています。歩くことは一切しません。時々すれ違うほかの犬たちがゆっくり歩いているのが信じられません。最近は短くても5キロ、長いときは6.5キロを走りとおします。もちろん犬ですから、頻繁に止まってクンクンしますし、おしっこもします。しかし長い時は500メートル以上を全速力で走りとおします。特に自宅近くになると、何かに憑りつかれたような走りをします。岐路4分は確実に着るスピードで、ヴィネもついていけません。ヴィネは知っています。そう、アンディは家に帰ると最大の楽しみの食事にありつけるからなのです。一日で最大の楽しみの食事なのですが、1分もかからずに食べきってしまいます。味わうということは一切しない信念でもあるかのような潔さがあります。そして自分の食事が終わるとじっとこっちの食べている姿を食い入るように見つめます。ついついその健気さに心を許してしまうこともありますが、これだけ走っているので少しくらいあげても体重はベストを維持しています。

一か月を彼と過ごして、ヴィネも少し走りが変わりました。朝一からぶっ飛ばす走りをしているため、スピードを上げることに抵抗がなくなりました。今まではケガが怖くてキロ6分程度でゆっくり走っていたのですが、アンディはそれを許してくれません。
今日の午後、南西の強風が吹く中、昼ランに出ました。アンディは一緒ではありませんでしたが、ついついいつものペースで走り出しました。1キロ目で向かい風なのにいきなりキロ4分50秒が出ました。その後も調子よく、アップダウンあるコースでしたが一度だけ5分5秒が出ただけで最速4分17秒で、7.13キロを34分15秒、平均4分48秒で走りきることができました。しかも今まで1キロ付近で必ず右ひざ裏が張ってくる違和感があったのが今回はほとんど感じません。治ったとは思いませんが、いいサインじゃないでしょうか。

ちなみにVO2maxは56.7、予想タイムは5キロ20分20秒、10キロ42分23秒、ハーフ1時間33分31秒、フル3時間14分59秒。これらの数字はかなり幅があり、信じられない数字が頻繁に出ますが、今日のランからの実感としてはしっくりくるものでした。

アンディ様様です。今日は彼にご褒美上げましょう!

10 票, 平均: 1.00 / 1 (10 評価済)
読み込み中...

ヴィネはめったに天ぷらは食べません。

うまいのは知っています。でもヴィネの食の教訓の一つに「うまいはこわい」があます。「うまいもの腹いっぱい」という考えは全くありません。しかし、もし一品だけ天ぷら食べてもいいとしたら、ヴィネは間違いなくふきのとうのてんぷらを挙げます。ふきのとうのてんぷらが食べられるなら他のてんぷらは一生食べなくてもいいです。

そして、そのふきのとうの季節が来ました。

昨日はてんぷらにして堪能しました。あのほんのりとした苦みがたまりませんねえ。さんまの内臓にしても、ホヤにしても、わずかな苦みのある食べ物は味に深みがあります。フランス料理の三国も評価していた記憶があります。昨日はついつい「うまいはこわい」を忘れるところでした。まあ、食べ過ぎたとしてもふきのとうの季節はほんの一時期に限られますから、食べ続ける危険はありません。

ちなみにふきのとうのほかの食べ方は、みそ汁に散らすとかふきみそにするとかですかね。卵閉じにするのもうまかったです。

8 票, 平均: 1.00 / 1 (8 評価済)
読み込み中...

「感染の主体のエアロゾルですが、不織布マスクをつけて・・・」と言い出すキャスター。

ヴィネはテレビに向かって怒りのこぶしを上げて叫びます。

「どの口がほざいているんだ!」

いつの時点で感染の主体はエアロゾルと認めたのかはっきりさせなければ、対策もただただ人の行動を制限するものが増えるだけで、人間らしい生活はできなくなり、いずれ社会は立ち直れないところにまで来てしまうだろう。

飛沫と接触感染があまり重要ではないのなら、手洗いアルコール消毒ソーシャルディスタンシングなどの基準を緩めたらどうなんですか?客席など一つ置きにする必要があるのかなと思うこともしばしばです。
先日池袋にミュージカルを見に行った時は、9割ほどの席が埋まっていました。退出するときには時間を区切って混雑しないような工夫がされていました。ヴィネはこういうところもあるんだと感激しました。ミュージカルでは観客は笑うことはあっても叫ぶわけではないしこれでいいと思いますね。ところがこういったところはむしろ例外。いろんなところで待合室の席が一つ置きに✖がされていると気分が滅入るわ。スーパーなのどの会計で床に足跡マークつけるのもやめてほしい。外で待つときなどなおさら。

手洗いでガサガサの手の人がこのところ特に目立ちます。アルコール消毒すると浸みてしょうがないというんですが、もうそうすることが当たり前として頭に刷り込まれているんですね。「ヴィネがそんなに手洗いはすることはない。むしろそれで手の自らコロナが入りやすくなる」といっても、ほとんど聞く耳持たずですね。報道でいまだに「しっかりとコロナ対策して・・・」と枕詞を付けていわれると、もうそれ以外の行動がとれないんですね。

こんな状態じゃコロナが収束しもて、うっとうしいエチケットが残りそうで、それこそ「日本はもダメだ」になるわ。

 

8 票, 平均: 1.00 / 1 (8 評価済)
読み込み中...

テレビのコロナ関連のニュースを見ていて、ある6歳児が母親に
「もう日本はダメだね」
といったそうです。

ヴィネの第一印象は「とても鋭い指摘をする子だなあ」です。それに対して周りはどう対応したらいいかと、専門家という人間があれこれとしゃべっていました。しかし現実は対策が迷走しているのに、子供に言い聞かせることなんてしょせん無理。一緒にどうしたらいいか考える、という対策もありがちですが、どうせ手洗いうがい黙食マスクなど、ありきたりの自由を制限する生活をしか出てこないはずです。従順な子供ですから、周囲が言えば従うでしょうが、子供の心の中は寂しくなるばかり。

まるで裸の王様ですよね。大人だって今の状況でうすうす「日本は持つのかなあ」と気づいているはず。でもみんな(ヴィネの嫌いな)空気を読んで、それを口にしないだけ。ワクチンへの神頼みしかできていませんもの。

いいね (8 )
読み込み中...

新型コロナ感染流行してもう一年になろうとしているのに、やっと今頃になってマスクの性能の研究結果を出すなんて、本気でコロナ対策に取り組んでるとは思えません。

今日テレビで不織布、布、ウレタンの各マスクについてエアロゾルをどれだけ防御できるかという研究結果を報道していました。ヴィネはとっくの昔に「布やウレタンマスクはほぼ効果ない。不織布マスクもエアロゾルに対する防御効果は限定的だ。完全を期するならN95 マスクでなければならないが、それは苦しすぎるので実用的ではない。」といってきました。そのココロは当初から「コロナ感染の主体は、接触でも飛沫でもなくて、エアロゾルだ!」と看破してたからです。
ここまで研究が遅れたのは、エセ専門家がエアロゾル感染をずっと認めてこなかったからです。彼らは今だっておおぴらに認めていないはずです。ただ、一分の専門家が「エアロゾル感染が主体だ」と発表して、多くの医師がそれに賛同したから、それを黙認しているのです。あと1年くらいしたらテレビでいけしゃあしゃあと「コロナのエアロゾル感染予防のためには・・・・・」なんて言い出すにきまってます。

閑話休題、報道ではエアロゾルを防ぐ効果は不織布で30%ウレタンと布に関しては0%でした。
だよね~、目がスカスカだもん。呼吸はすごく楽だってことは大きな粒子だってすいすい通過しているはずですよ。こういう結果を目の当たりにすると、改めて無駄なアベノマスクに莫大な税金をつぎ込んだことに怒りを感じます。ところで、不織布マスクの上にウレタンマスクをすると密着度が増して効果はかなり上がるとのことですが、これは結構苦しい。そりゃそうですよ。効果が非常に高くて医療現場で使われているN95マスクも、座業程度ならつけられますが、病室内を行ったり来たりすると苦しくなるとのことですから、通常の生活には向きません。ちなみに中国ではこれを付けてジョギングした少年が死んでますよね。

さて、ここで視点を変えてみてみましょう。ウレタンや布マスクを着けている人を良く見かけますが、その人たちはマスクを着けていないのと同じなわけで、(咳やくしゃみをする人は別ですよ)ヴィネは「じゃあ不織布マスクにしなきゃあ」という発想ではなく、「な~んだ、じゃあつけるのやめよう」って発想になることを期待しているのですが・・・・。

「手づくりマスクの作り方」なんていろんな場面で目にします。実は今回のマスクの効果を報道した同じ番組で、過去に手作りマスクの作り方を報道していました。日本人ってこういうの好きですよね。手づくりマスクを施設などに贈ることで人の役に立っているという心優しい方という気持ちに水差すわけじゃないけど、医学的にはほとんど効果ない行為なんですね。

 

いいね (7 )
読み込み中...

ほとんど塩を取らなくなったら血圧がググっと下がって100台になったという、元当院職員の話をしましたが、現当院職員もそれにつられたかどうか知りませんが、塩分に注意したら血圧が下がり、ヴィネは一旦降圧剤の中止を指示しました。

彼女がどのくらい塩分取っているのか調べたら7.4gでした。ついでにヴィネもやってみたら8.7gでした、男性と女性とでは食事の量が違うので差が出て当然です。因みにこういう検査は予告なしにやるのが実生活を反映します。

職員の方は加工品の成分表を見て「こんなに塩が使われているんだ」と驚いたといいます。塩は味の決め手ですからね、加工品はついつい使いすぎる傾向にあります。

8.7gの数字に対してヴィネはほぼ予想通りの数字だと思いました。
ヴィネは納豆卵かけご飯以外で、食事の時にしょうゆやソースを使うことがほとんどありません。例外は納豆卵かけご飯程度ですが、最近芋ばっかりで米を食べないのでそれさえも稀です。刺身はワサビだけ。揚げ物は酢だけです。極力麺類は食べないようにしています。月一くらいかな。スープは記念に飲む程度。漬物はもらったときだけ水につけて塩出ししてから食べます。塩せんべいは1秒くらい流水にさらしてから食べますが、しょうゆせんべいはそのまま食べます。こうした注意したらもっと少ない数字じゃないのかと言われそうですが、ヴィネの食べる料理は炒め物が多く、すでに味付けがされていることが多いので、「しょっぱいなあ」と思いながらも食べてしまっています。今後この辺をもっと注意すれば6gにはいくかなと思います。また唐突に検査しようと思っています。

いいね (8 )
読み込み中...

1バイアルが6人分のファイザー製のコロナウイルスのワクチンが、日本に流通している注射器では5人分しか取れないという問題が持ち上がりました。

海外では普通に6人分とれているわけですよね。普通の注射器は針を取り付けるための部分がデッドスペースになっているのです。日本だけいつもと同じロスの多い注射器を使っているというわけです。

しか~し!ヴィネは違います!!

ワクチンを接種に使う1mlの注射器が無駄が多いというのは、ヴィネは以前からわかっていました。ワクチンは使う量が少ないので、ロスになる部分の全体に占める量が大きく、とてももったいないのです。だからとっくの昔にロスになる量が限りなくゼロに近い注射器を使っています。

今までそんなことに気づかなかったんですか??

日本政府はファイザー社と人数分で契約しているから、足りない分を請求するといっていますが、そうじゃないでしょう。無駄の多い注射器使って人数分取れない方が悪いんですから。

9 票, 平均: 1.00 / 1 (9 評価済)
読み込み中...

もともとなるべきでない人間が、トップの席に座ると、こういう悲劇が起きるのです。

JOC臨時評議会で東京オリ・パラ大会組織委員会会長のMが女性蔑視の発言をして、国内外から批判を浴びています。海外からの批判は発言自体だけではなく、その会では誰も問題視しなかったことも問題だとしている。

日本では失言した政治家は「誤解を与えたとしたら心外」と、いったい自分の非を認めているんだか、他人に責任を擦り付けているんだかわからない言い方で幕を引いてすんでいたのですが、今回は世界が注目していますから、日本的なあいまいな幕引きをしたら、さらに傷口が広がりかねない。ヴィネ的には、この際世論が盛り上がって大きく傷口を広げてほしいと思っています。

ガースーは「あってはならない発言だ」と言いながら辞任について質問されると、正面から答えずにお茶を濁す発言で逃げている。H五輪相もその場にいた可能性があるが「進退は組織委員会の理事が決めること」と火の粉が被らない位置に身を置いている。

そもそも、Mが会長職に就くということ自体、スポーツを真剣に考えた人事ではなく、派閥や力関係、忖度がらみで決まったようなものではないか。浅田真央が転倒した時も「あの子はよく転ぶ」と思いやりも何もないことを言いました。スポーツに対する理解など皆無の老人です。こんなところにも東京オリンピックは成功する運命にはないものだったと思えてくる。

9 票, 平均: 1.00 / 1 (9 評価済)
読み込み中...

拙宅にワン公が来ました。

酒々井でさまよっているところを保護されたビーグルっぽい犬です。すでに去勢されていたので、どこかで飼われていたのを、逃げ出したのか、それとも飼育放棄されたのかわかりません。しばらく迷い犬探しをしたけれど飼い主が現れないということで県の施設で保護され、それが慈善団体に引き取られて、それが10日間のトライアルを経て拙宅で引き取ったということになります。推定8歳とのこと。

以前から犬を飼いたいと思っていましたが、「飼うなら絶対保護犬」との考えでした。早速彼用のハウスを作りました。もともとはベビーベッドのサークルを利用しました。

とても元気が良くて、人懐っこいです。初めての人にも盛んにしっぽを振るので、番犬は無理。

散歩に連れて行くと猛スピードで走ります。フルのラストスパートくらいのスピードが出ますのでヴィネも真剣です。とはいえ、100メートルも走るとすぐにクンクンやるので、インターバルトレーニングのようなものです。毎日朝6時半に4キロ走ります。だからかものすごくマッチョです。
そんなアスリート犬ですが、最近彼の体にある異変に気づきました。マッサージしていて気づいたのですが、左の大腿四頭筋とハムストリングの発育が右に比べて半分程度なのです。つまり筋肉量が半分ってことです。歩く後姿が少しずれていると思ってはいたのですが、こんなところにその原因があったとは驚きました。しかキロ4分で走れる走力があればそれほどの支障にはなっていないと思われます。
散走の時にほかの犬に遭遇しても興味がなく、クンクン地面を嗅ぎまわっています。縄張り意識も少なそう。一般にビーグルは唯我独尊だといいます。

彼の一番の興味は何といってもメシです。人が食事の時はわんわん吠えてねだります。ついついかわいそうで食べ物与えたくなるのですが、それをやったらきりがない。我慢させて我慢できたところでご飯にします。この時はパニックになります。ちぎれそうにしっぽを振って、指示もしないのにくるくる高速でお回りします。

 もう8歳なのでしつけは無理では?といわれたのですが、3日でお座りができ、10日でお手ができるようになりました。トイレのしつけはまだできません。一日3回4回と外に連れ出すのですが、時々室内で粗相をします。

しばらくして彼の人懐っこさについて疑念を抱きました。人になつっこいと思っていたのは、実はその人が餌を持っているんじゃないかと思って、しっぽ振り回しているのではないかとの疑いが芽生えたのです。よく走るので、筋肉のコリとかの予防でファッシャリリースなどのマッサージを一生懸命やってあげるのですが、その時は気持ちよさそうにしているものの、顔はそらしてこちらを見ようとしません。そして物音がすると、何か食い物にあずかれるのではないかと思ってか、すぐそっちのほうへ行こうとします。マッサージの手を休めると、お礼らしい行動もせずにその場を去り室内を、餌がないかとさまよいます。

まあそんな犬ですが、酒々井の藪の中をさまよって苦労してきた時期もあったのかと思うと、情が移ります。人とは別の純粋な可愛さがあります。あと7,8年の犬生ですが、ともに生きていこうと思っています。

いいね (12 )
読み込み中...

新聞に載った週刊朝日の広告で見つけました。

読んでないのでどんな内容かわかりませんが、少し鼻うがいがコロナ対策に注目されるきっかけになるかもしれません。

結局人間って有名人とかが「私やってます」の一言で動く単純な動物なんですよね。理詰めで考えるのはほんの一握り。

いいね (9 )
読み込み中...