千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ブログ 一覧 (カテゴリ:ランニング)

今までの ブログ の一覧です。

2020年07月09日(木)
2020年07月08日(水)
2020年07月04日(土)
2020年06月10日(水)
2020年06月08日(月)
2020年02月23日(日)

ヴィネがはじめてむくみを自覚したのは、確か2000年頃のスパルタスロンのあとだったと思います。
ゴールした日の夜、友人のO君とケバブ料理の店先に立ち、こき使った筋肉へのご褒美と空腹を満たすために、何を食ったらいいか見渡して、迷うことなく二人ともごっつい豚肉の塊を選んだのでした。ところがこれがチョーしょっぱかった。海外では日本の味を想像して見た目だけで買ってはいけないと、この時初めて気づいたのです。

その次の日の朝でした。顔はパンパン足もむくれあがり、この時人生で初めてむくみというものを実感したのです。それまでは、酒を大量に飲んだ日の翌日にむくんだこともあったかもしれませんが、自覚したことはありませんでした。

以後、むくみに敏感になりました。そして開業してから若い人でもむくみを実感していることを知り、さらに興味をひかれたわけです。

むくみを数字で知るには体重測定が簡単です。食前に同じ条件で体重測定して、一日で例えば1キロの変動があったらそれはほぼむくみです。つまり1キロの水分をためているのです。朝に体重が増えているか夜に増えているか人によります。酒を飲む人は朝に増えて、中等度の運動する人も朝に増えて、座業の多い事務職の女性は午後に増えている傾向にあると思います。

体重に変化がないからと言ってむくみがないとは言い切れません。常に非常にむくんでいる人はいつ測定しても体重は同じである可能性があるからです。

さてむくみの原因ですが、塩分過多、アルコール多飲、腎機能障害、薬の副作用、運動不足などがあげられます。しかし原因不明の場合もあります。年齢とともにむくむ可能性が高くなるようですので、中高年ランナーも気にしている人がいると思われます。

むくんでいると走りに影響が出るのではないか?最近のヴィネのテーマはこれです。これは単にむくんでいる分だけ重いから、という単純な理由ではなく、むくんでいると筋肉の動きが制限されているのではないかと思われます。走り初めにこういう状況だと「きょうは調子悪いなあ」とネガティブな気持ちになり、結局最後まで走りに精彩を欠く可能性もあります。

そこでむくみ対策ですが、まずは塩分を減らそう。そしてアルコールも。

と言ってそれに「はい」としたがうランナーがどれだけいるでしょうか?
そこで薬の登場となります。世の中に利尿剤はいろいろありますが、効果が高い薬は確かに短時間でむくみがすっきりはするのですが、15分ごとにトイレに行かなければならなくなるほど強い効果があるので日常的には使い切れません。漢方が効果ある人もいますが、一日2回3回と飲むのは面倒です。ヴィネのおすすめはダイアモックスです。マイルドでありながら確実に利尿作用があります。
これは適応範囲の広い薬で、適応症として緑内障、てんかん、月経全症候群、メニエル症候群、睡眠時無呼吸症候群の適応が通っています。さらに適応外ですが、高山病の予防にも使われます。ヴィネは月経全症候群の患者さんに頻繁に使用しています。ただ、手がしびれる副作用がかなりの確率で出るので、だれにでも使えるというわけではありません。

利尿剤としてダイアモックスはそんなに使われる薬ではありませんが、これから注目されてもいい薬かもしれません。

走り出したとたんに雨が降りだしました。

「え?昼からだろう」

天気予報に文句言ってもしょうがありません。そのまま走り続けます。雨だけじゃなく風も強く、雨粒はさすように顔や体を攻撃してきます。昔の梅雨のしとしとと降るイメージとはだいぶ様相が異なる最近の梅雨です。

九州は毎年のように大水害が発生して、どれだけの損害なのだろうかと想像もつきません。そういう意味では日本ってものすごく損な国だなあと思います。ヨーロッパじゃ堅牢な石の建物が何百年と持ちこたえているというのに、日本は何万件という家が使えなくなり、何万台もの車が毎年廃車になる。橋や線路や道路などインフラも大被害。こんなこと繰り返して、日本はあと数十年もしたら国として成り立たなくなるんではないか?

そんなことをふと思いながら走りました。4キロも走ると靴までびしょぬれ。このまま走り続けるか気持ちは多少萎えてきますが、今日も体調はすこぶるいいので、このまま行けるところまで行こう。

7、8キロ走ったところで雨はやんできて、風も収まってきました。真夏になったら毎日うだるような暑さで、曇りで気温が30度に至らない日などめったにないです。梅雨時はランナーにとっては恵まれています。目標の20キロ走ろう。
10キロ過ぎからはほぼフラット。走りやすいコースです。ずっとキロ5分を切り続けていきます。4日前の時のように最後のラストスパートはしませんでしたが、20キロを1時間42分5秒で走り切れました。平均5分6秒。4日前より5秒速かった、満足の走りでした。

このところのランニングはいまいち切れがないというか、だらけているというか、スピードが出ていません。

もうそういう年なのか、まだ少しは最後のあがきで記録を狙える隙間があったのに、膝をオペしてわずかなチャンスを逃してしまったのか。そんなん思いを頭の片隅に浮かべては消して、あるところではそれを受け入れなきゃいけないと心の準備をしたりしたりしていた。

ところが今日は違いました!

気温はそれほど高くはありそうませんが、湿度が高く風が強い。朝は雨が降っていたので走らず、帰宅ランもどうしようかと思い、迷っていましたが、「ここで走らないと後で後悔する」と思い直して走り始めました。

2,3キロすると「あれ、、今日は距離が進むのが速いなあ」と感じてきました。いつもとはちがうコースを取ったのでそう思われたのかもしてません。そうなるとはじめは数キロでいいかと思っていたのが欲が出ました。
「10キロ、いやいやもっと行けそうだ」
そして20キロ走ることにしました。すると心の変化だけではありません。途中少し下りが入っていたとはいえキロ4分57秒が出ました。そこから少し走りに意識を集中してみました。

そうそう、もっと膝を上げて路面を前足部でキャッチして、腕の振りも意識して、背筋もだ。

するとどうでしょう、スピードはみるみるアップしてきました。上りのあるところも向かい風もろに受けても、時計を見ると最近見たことない驚く数字。最終的には最後の5キロは平均4分46秒。最速4分25秒で走りきることができたのです。

こんな走り、確か2年4か月ぶりかなあ。

 

ヴィネの走るコースは比較的人の通らないコースです。都会のランニングコースとは全く違います。田んぼのあぜ道なども走ります。そんな時に実に不快な行為を体験します。

今日もそうでした。田んぼの中走っていると向こうからランナーが来ました。そしてヴィネと連れ違う10~20メートル手前になって、首元にあった布を上に引き上げて口を覆ったのです。

実に不愉快!!

南風が強く吹いている今日、万が一コロナを含んだ微粒子やエアロゾルとして排泄されたとして、それをお前が吸い込むか!?その薄っぺらい布で防げるのかよ!!

無知!マスコミに流れる情報を己の頭で考えることなくそのまま信じて、ただひたすら怖い怖い。そんなに怖かったら一歩も外に出るなよ。確か1か月くらい前にも同じようなランナーがいました。体系から判断してもしかすると同じランナーかもしれません。

さらには道ですれ違ったマスクをした女性がヴィネとすれ違う時に、ヴィネに背中を向けたこともありました。

一万分の一以下の確率に、普段から鎧兜つけて生活しているようなもので、あきれて言葉が出ません。

今朝いつもより早くランに出ると、向こうから根っからのランナーって感じの人が走ってきました。

「おお、あの姿はO滝先生ではないか」

スパルタスロンで優勝したこともある、ウルトラ界ではとても有名なドクターO滝です。

「最近はどうですか」という挨拶から始まり、簡単な最近の状況を話しました。ヴィネと違って彼はずっとウルトラの世界で生きています。確か今年あたりは50歳くらいになるのではないでしょうか?コロナの影響で6日間走はキャンセルになってしまい、スパルタスロンも開催できるかどうかわからないという状況下で「でも練習だけはやっています」と、なんと優等生な言葉でしょうか?今日は津田沼あたりまで走って電車に乗る予定だとのこと。
ヴィネのようにウルトラやったりトレイルに浮気したり、そしてまたフルに舞い戻ったりと浮き草家業のランナーとは違います。

というわけで今日はいい刺激をいただきました。

大分暑くなってきましたね。でもランナーは暑いからと言って練習を休むわけにはいきません。しかもこの時期はおいしいあれにありつけるのです。

最近アスファルトを汚すものが二つあります。一つはソメイヨシノのサクランボ。もう一つは桑の実。

前者は種が大きくて実が小さくあまりおいしくない。でも後者は結構うまい。

白から赤くなって最後に黒くなって地面に落ちる。鳥も大好きです。問題は木が結構大きくならないと実をつけないようで、実のついている枝が高いところにあるので手が届かない。しかも道路よりも高い土地に植わっていることが多いのでさらに届かない。ジャンプして枝にとびつき引っ張ってその枝についている実を食べるのですが、せいぜい10個くらいかな。

道行く車からの視線など気にせず食べました。ランパンおっさんの桑の実ジャンプはアハハですね。

ところでいつも思いだすのが童謡「赤とんぼ」です。歌詞に「山の畑の桑の実を 小かごに摘んだはまぼろしか」という部分がありますが、時期的に言って赤とんぼの時期とずれています。別にそんなことどうでもいいんでしょうかね。

佐倉マラソンが中止になりました。

普通大会中止になっても普通は参加料はもどってきませんが、佐倉は大したもんだ!
何と今日、Tシャツと3000円のクオカードとお茶2杯分が送られてきました。すごいぞ佐倉!
これは来年絶対に参加しなきゃいけないなあ~

ところで東京オリンピックですが、来年の開催について「よほどの幸運が重ならないとワクチン製造は間に合わない」と山中教授が首相に食らいつきました。

山中教授、見直しました。

そしてもしオリンピックが中止になったら、売れたチケット代金はは返金されませんよ。IOCは一銭も出す気はないので、日本だけが多額の借金を追うことになります。そしてそんなことがあったらもうオリンピックを開催したいという国はなくなるでしょう。

 

コロナだからと言って、ヴィネは行動も考え方も基本的には以前と変わらぬつもりでいます。

元々休みだからと言って遠出するタイプではない。ランと生活上のいろんな工夫する過程を楽しみ、知的好奇心さえ満たされていれば満足していましたからね。

しかし今月の走行距離は非常に少ない。2月は400キロ走れたのに、3月は200キロ、今月はやっと今日で100キロ。その原因は3月の足趾ぶっつけ事件です。当時は「こんなのすぐ治る」思っていたのが、結局1か月くらいかかってしまいました。剥離骨折くらいはあったのだと思われます。また4月は天候が不順なこともありましたからね。

昨日からやっと天候が回復して気持ちいい天気になりました。なぜだろうと思ったらやっぱり、ヴィネの誕生日じゃありませんか!誰もがこの年になると誕生日とは現実を突き付けられる覚悟の日です。ヴィネは誕生日のことを「改めて自分のこれからの目標に向かって気を緩めることのないように」と誓う日と位置付けています。

Just because it’s a corona outbreak, I’m basically thinking and doing the same as before.

I’m not the type to go out just because it was a holiday. I was happy if I enjoyed running and various creative processes in my life and was satisfied with my intellectual curiosity.

However, my running mileage this month is very small. I ran 400km in February, 200km in March, and finally 100km today this month. The cause is the toe bumping incident in March. At that time, I was thinking that “it will be healed soon”, but it took about a month after all. It seems that there were avulsion fractures. Also, the weather was bad in April.

The weather has finally recovered from yesterday and it has become pleasant. If you wonder why, it’s my birthday!For everyone in this year, A birthday is a day when everyone is ready to face reality. I position my birthday as a day when I swear that I should not let myself down toward my future goals.

今日の練習はロード20キロ。出だしから体が軽いので、色気を出してスピード走をしようと決めました。コースはあまり頻繁に坂道を走らなくていいコースで、しかも家の周囲。

拙宅の近くは細かい坂があちこちにあるので、それでも4つの坂を走りましたが、坂でスピード落とさないようにダッシュ気味で走りました。
1キロ平均4分35秒。なかなかの満足です。20キロ位だと疲労感にも襲われませんでした。

次の目標は同じようなペースで30キロ以上走ることです。目標の佐倉マラソンはたぶん中止になるでしょうが、来シーズンに向けて十分な練習をして体力をつけておかなければ、サブスリー復活は無理でしょう。

新型コロナウイルスの流行でマラソン大会が軒並み中止となっています。3月29日の佐倉マラソンもたぶん中止でしょうねえ。せっかく復帰第一線でデビューしようと練習を重ねていたのに・・・。

昨日の欄は30キロ。前半15キロは平均4分47秒とこれまでの最高。5か所も坂があるコースなら上出来です。しかし後半15キロは少しスピード抑えたとはいえ、かなり疲労感がたまりました。まだまだ持久力がもどっていないんですねえ。

佐倉が中止になるとやっぱ2,3月の練習のやる気がそがれちゃいます。