千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ブログ 一覧 (2020年06月)

阪神の野球選手が、においを感じないことからコロナ感染が判明したというニュースにはとても驚きました。その後もにおいが分からないという症状のコロナ感染者が続出して、かなりコロナに特徴的な症状なのだと思われます。

もっともふつうの風邪でも、その後ににおいが分からなくなる人が稀ですがいます。義理の姉は何年もの間嗅覚障害に悩まされていました。回復には非常に時間がかかるようです。(コロナウイルスの場合は回復に時間がかかるかどうか知りませんが・・・)

嗅覚障害程度ならまだいいのですが、いきなり髄膜炎になることもあります。20台の男性が、1週間くらい風邪症状程度だったのが、いきなり意識不明状態に陥ったというのです。その時に初めてコロナ感染と判明したのですが、おそらく1週間前からの感染でしょう。そして専門家によると、「髄膜炎を起こしたのは(鼻の一番奥にある)嗅神経から髄液にウイルスが侵入したとしか考えられない」というのです。

これには非常に驚きました。と同時にコロナの怖さも知りました。嗅神経は篩板という頭蓋骨の底にある非常に薄い骨を突き抜けて脳に至ります。そのルートを通じてコロナが入り込んだのです。20代のこの男性は風邪症状だけで嗅覚障害もなく、いきなり意識不明になったのです。幸い一命はとりとめましたが、過去1,2年の記憶が全くないとのことです。

話変わって、うつ病発症のメカニズムについて興味深い記事を見つけました。
うつ病は過労や強いストレスで引き起こされることが多いのですが、そのカギとなるのがヒトヘルペスウイルス(HHV)6なのです。このウイルスは、ほとんどの人が赤ちゃんの時に発症する突発性発疹の原因です。以後ずっと体内に残って潜伏感染しています。体が疲れるとこのウイルスがまるで放射能で目覚めたゴジラのように唾液中に出てきます。その一部が鼻へ回って嗅神経から脳神経の一部である嗅球に到達して再感染を起こすのです。そうなると嗅球でシス1(死す1と覚えよう)というタンパクが作られ、これによって脳細胞が死んでいくのです。嗅球が死ぬと、記憶をつかさどる海馬の神経再生も抑制されちゃって、あきらめたりやる気を失ったりするというのです。

どうです!コロナもヘルペスウイルスも同じ経路を通って脳に悪影響を及ぼすとは驚きではないですか。HHV6は誰でも体に持っていますから、だれもがうつ病になる可能性があるわけですよ。そうあなたも。

こで重要なのが鼻うがいになるわけです。

はじめは花粉症軽減のためにあった鼻うがいですが、ヴィネは風邪症状の軽減のためにその守備範囲を広げましたが、さらにこの時代はコロナの予防に、さらにはうつ病の予防のためにも鼻うがいは非常に重要な自己防衛のツールなのです。もちろん歯磨き同様ルーチンワークとしてやるべき行為です。こんなに重要な手段が身近にあるのに、愚かな市民はスルーして殆ど動こうとしません。

みんな自己努力せず何か災難が降りかかった時に慌てて他力本願に走るのです。その姿を「私頑張っている!」と自己評価します。ほんの少しの予防的努力の継続もできないのです。ところがここで芸能人が「僕はなうがいやってます」というと一気に雪崩を打ってやり始めるのです。最もこういう人種は飽きるのも早いですがね。

 

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

次第に熱くなり、マスクの着用が煩わしくなる時期となりました。

NHKに「鼻を出してマスクするのはだめですか?」との質問が寄せられました。NHKはその質問を専門家に丸投げ。専門家の意見は当然のごとく「鼻を出していたら、飛沫を吸い込む可能性がありますのでだめです」でした。当然の答えです。ふつうはそこで「あ、やっぱり駄目なんだ」と引き下がるところですが、ヴィネは違います。

まず、マスクは飛沫感染予防と、自らが出す飛沫をマスクでブロックするためのものです。間違ってはいけません、いわゆる空気感染の原因である飛沫核のことではありません。飛沫核はマスクをスルーしますので、予防にはなりませんし、他人へ感染させないという配慮にもなりません。

そして鼻ですが、鼻呼吸している限り風邪をひいていて鼻水が出るとかでなければ飛沫、つまりしぶきは出ません。出るとしたらふつうの呼吸でも出る可能性のある飛沫核だけです。何度も言いますが、飛沫核はいくらマスクで鼻を隠していてもマスクをスルーするので、鼻を隠す意味は本当はありません。隠しても隠さなくてもいいのなら呼吸が楽な隠さないほうがいいじゃないですか。

そうなると唯一鼻を隠す理由、つまり誰かがマスクをしないで咳や大声出したりくしゃみしたりして排泄した飛沫を、鼻から取り込むのを予防するただけにあります。飛沫はすぐに地面に落ちるので、2メートル離れていればいいっていうじゃないですか。ということは不特定多数の人がそれなりに密集したところでは鼻も隠してマスクをつける必要がありますが、そうでなければ隠す必要はないということです。

以上、必ずしもマスクで鼻まで覆うことはないというのがヴィネの結論です。なお、以前マスク着用の際の漏れ率のことを取り上げましたが、それもあまり意味はないということになります。つまりちゃんと着用せずにマスクのわきから漏れるのは非常に細かい飛沫核であって、それはちゃんとマスクをしていてもしていなくても、結局マスクの目が粗いので常に漏れていることになるからです。「布マスクなんて論外。効果なし」とも言いましたが、今では「飛沫だけのブロックなら素材なんて気にせずなんだっていいよ」ということになります。極端なはなし、お面だっていいのです。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

コロナ流行の初期に「最終的には治療薬かワクチンができなきゃ根本的に終息を願うのは難しい」と言われてきました。季節型のインフルと同程度なら何とかコントロールできて、元の経済活動に戻れると思われますが、中国での調査結果でその希望は崩れ去ろうとしています。

武漢での流行後、まだ3か月程度しかたっていないのに、感染から回復した人の抗体価を調べたら、90%以上の人から抗体が消えていたというのです。

いくらワクチン作っても一年も持たないのなら市場に出ることはないと思われます。治療薬もすぐに耐性ウイルスができるような気もします。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

電気工事を生業とする知人に、「コロナ対策は建物の換気システムの新設だと思うんだけど」と聞いてみました。

「そりゃ難しいですよ。壁に穴開けなきゃいけないし、木造ならまだしも、鉄筋コンクリートの建物だと躯体に穴開けるのは限界があるもん」

そうなんですか、じゃあコロナ対策は限界だらけですね。今問題なのは密室で大声出したり、運動で息が荒くなる環境だから、小さな戸建てのカラオケ店程度ならいいけど、大きなビルの中のテナントではその対策が取れません。特に歌舞伎町の夜の街は今後も危険地域となり続けるわけだ。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

コロナの流行で多くの人の命が失われています。多すぎてその埋葬が間に合わず、路上に捨て置かれている状況の国もあります。「こんなひどい感染症の流行はこの100年に一度のことだ」と思っている人が多いと思いますが、そうじゃありません。

アフリカでは以前からエイズと結核とマラリアを合わせた死者が一日7000人いるのです。毎日7000人の人がこれらの疾患で亡くなっているのです。今に始まったことではなく、ずっと前からです。

先進国はずっとその状況に関心を抱いてきませんでした。ところが自国の問題となると、態度ががらりと変わりました。コロナ発症者が出たらその濃厚接触者の検査もして、外国から入ってきた人はPCRマイナスでも2週間自宅待機。みんなマスクして手洗いしてアルコール消毒して、2メーターの距離あけろと、神経質なまでに予防に時間とお金と神経をすり減らしています。その気持ちの0.1%でもアフリカの感染症に気をまわしてくれたらなあと思います。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

テレビではいろいろとコロナ対策をしていることを賛美するような報道が目立ちます。客が入れ替わるたびにアルコール消毒したり、スイッチなどに手を触れなくてもいいようなシステム導入したり、キャッシュレス決済導入したりと、誰も文句言わずに積極的に取り組んでいることにヴィネは大変驚きます。

その中で一つ疑問の行為があります。入ってくる人の体温測定です。飛行機の搭乗の際、催し物の会場に入る際、旅館に入る際など、やりたい理由はわかりますよ。万が一コロナの人を入れてクラスターでも発生したらその後が大変ですからね。
しかしもし37.5度以上の熱の人が出たらどうするのでしょうか?入場入館など断るのでしょうか?
「お金は返しますから帰ってください」って言えますか?
それが家族旅行の一人だったら、その人だけ断る?それとも全員断る?でも遠くからのお客断って、断られた人はどうすりゃいいのか困っちゃいますよね。
「さっきまで元気で遊んでたんだ。それがちょっと前から寒気がするって言い始めたんだけど」
といわれたらどうすんの?医療機関に回すわけにもいかないでしょう。まず受けてくれませんよ。もう一度測りなおす?測りなおしてもいいけどそれじゃあ最初に出た結果は無視していいの?何一つ答えにならないと思います。

はっきり言って体温測定は、高い結果が出たときにどう対応するかきちんと決めておかなければ全く意味のない行為です。体温37.4度でパスした人を入れて、その後具合悪くなり熱を測ったら38度なっていたってことがあるかもしれないです。また腰が痛いと言ってロキソニンを定期的に飲んでいる人だったら熱が下がっていることだってあります。そのことを知っていて、「ロキソニンを飲んで(熱下げて)飛行機に乗るんだ」といった人も実際いました。

そもそも確率的には普通の風邪で発熱している場合がほとんどです。それなのに熱が高けりゃコロナかもしれないんで来ないで下さいというのは勝手すぎます。PCRテストだって37.5度以上4日以上続かないとやってくれなかったんですからね。一回の熱測定で一般人が判断することはできませんよ。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

The “new way of life” advocated by experts and the government is very similar to the Japanese society facing World War II. In 1940, the imperial RUle Assistance Assosiation called the “new living system”, such as “seasoning calendar” for each season of using vegetables in the kitchen garden, and decorating the Fusuma door by reusing old kimono. The actual actor was a woman, and it was said that it was a non-political content. However, it played a political role in guiding people from the foundation of their lives to social control.

How is it now? After the epidemic of corona virus, the popularity of home gardens has increased, and Tokyo will deliver cut-off frill videos. The scene of this corona epidemic can be seen as a repeat of the “new life system” of the time. And I am worried about the future of the society where the citizens themselves have become accustomed to participating in and following the control of the area of ​​life.

In fact, I was surprised that there was “self-restraint” before the “new life system”. Permanents and cafes were extravagant, and people looked coldly at the lines in the movie theater.

Now, in Japan, all media are working together on “self-restraint” and “new lifestyle”, and praise the unpleasant unity of trying to survive the Coronal War. The “correctness” that clings to them is very unpleasant. However, even though I write on the blog that I oppose the movement of the public, like this, it’s hard to say in public. The atmosphere of such a society is also unpleasant because of a glaring sense of justice.

Due to the low mortality rate of corona in Japan, there is a tendency among Japanese people to lead to psychological and cultural theories such as “Our behavioral patterns are different!” “Japanese culture is excellent”. Mortality rates are lower in Taiwan, Vietnam, Australia and New Zealand… Politicians aren’t doing much, but they’re trying to take their credit.

And here’s what I want to say.

One day, when this turmoil was forgotten and everyone turned to this era, the folly of “self-restraint” and “new lifestyles” became apparent. When asked “How did you act then”, you would justify “it wasn’t the air I could oppose at the time.” It is the same as the past Japanese who did not oppose the war.

Everyone thinks they are on the right side. However, it is not an act of self-thinking, but simply accepting what the powerful people are saying without any criticism and staying in a temporary peaceful place. It is the same as the teachers who used to say “devils, the United States and Britain,” and “Long live emperor!” during the war, screaming “democracy” in the sme breath.

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

The new lifestyle is strange
When you eat, keep your distance from each other, look in one direction, and concentrate on eating instead of talking. (by NHK)

 This is like a chicken farm or a prison. No, chickens are closer to each other in the poultry farm, so it’s still better, and the prison must be sitting face-to-face (in the TV drama scene), so it’s still human. Do NHK people eat quietly like this?

What does it mean to sit in an L-shape and have a meal in a dining room instead of facing each other? Do you sit in an L shape and don’t see each other’s faces while eating?

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

食事するときは、お互い距離を保ち一方向を向いて出きるだけ会話はしないで食事をすることに集中しましょう。(NHK)

食事はエサですか?これではまるで養鶏場かか刑務所。いや、養鶏場のほうがお互いの距離は近いので、まだましだし、刑務所は対面で座っているはず(テレビのドラマの風景では)なのでまだ人間的。NHKの皆さんもこうして黙々と食事しているのでしょうか?

また食堂などでは対面じゃなくL字に座って食事をするのはどんな意味があるのでしょうか?L字に座ってお互いの顔は見ないってこと?

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...

「マスクの外側にはコロナウイルスがついているかもしれないので、外側には触れないようにしなければいけません」

テレビでも新聞でもコロナ対策として、頻繁に言われ続けていることです。まじめなあなたは「そうかそうか、そりゃそうだな。では内側に触れて・・・」とマスクの内側に触れて外そうとします。すると今度は日本医師会が言っている言葉を思い出しました。

「全員がコロナに感染していると思って行動すること」

自分も感染者かもしれない、ということは
「マスクの内側なんてウイルスだらけの可能性が高いじゃん!!」

外側も内側も触れないならどうやってマスク外すのか分からなくなっちゃいました。するとテレビでは紐の部分もって外していました。でもそれってやっぱり外側じゃん。なぜ紐ならいいのか説明スルーしている~!

まあ、まじめな人はこんな疑問を持ったりしません。まじめだから言われることに従順に従っているのです。こんな疑問感じるのはひねくれているヴィネのようなKY野郎くらいです。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...