千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

犬を飼いました - ブログ

拙宅にワン公が来ました。

酒々井でさまよっているところを保護されたビーグルっぽい犬です。すでに去勢されていたので、どこかで飼われていたのを、逃げ出したのか、それとも飼育放棄されたのかわかりません。しばらく迷い犬探しをしたけれど飼い主が現れないということで県の施設で保護され、それが慈善団体に引き取られて、それが10日間のトライアルを経て拙宅で引き取ったということになります。推定8歳とのこと。

以前から犬を飼いたいと思っていましたが、「飼うなら絶対保護犬」との考えでした。早速彼用のハウスを作りました。もともとはベビーベッドのサークルを利用しました。

とても元気が良くて、人懐っこいです。初めての人にも盛んにしっぽを振るので、番犬は無理。

散歩に連れて行くと猛スピードで走ります。フルのラストスパートくらいのスピードが出ますのでヴィネも真剣です。とはいえ、100メートルも走るとすぐにクンクンやるので、インターバルトレーニングのようなものです。毎日朝6時半に4キロ走ります。だからかものすごくマッチョです。
そんなアスリート犬ですが、最近彼の体にある異変に気づきました。マッサージしていて気づいたのですが、左の大腿四頭筋とハムストリングの発育が右に比べて半分程度なのです。つまり筋肉量が半分ってことです。歩く後姿が少しずれていると思ってはいたのですが、こんなところにその原因があったとは驚きました。しかキロ4分で走れる走力があればそれほどの支障にはなっていないと思われます。
散走の時にほかの犬に遭遇しても興味がなく、クンクン地面を嗅ぎまわっています。縄張り意識も少なそう。一般にビーグルは唯我独尊だといいます。

彼の一番の興味は何といってもメシです。人が食事の時はわんわん吠えてねだります。ついついかわいそうで食べ物与えたくなるのですが、それをやったらきりがない。我慢させて我慢できたところでご飯にします。この時はパニックになります。ちぎれそうにしっぽを振って、指示もしないのにくるくる高速でお回りします。

 もう8歳なのでしつけは無理では?といわれたのですが、3日でお座りができ、10日でお手ができるようになりました。トイレのしつけはまだできません。一日3回4回と外に連れ出すのですが、時々室内で粗相をします。

しばらくして彼の人懐っこさについて疑念を抱きました。人になつっこいと思っていたのは、実はその人が餌を持っているんじゃないかと思って、しっぽ振り回しているのではないかとの疑いが芽生えたのです。よく走るので、筋肉のコリとかの予防でファッシャリリースなどのマッサージを一生懸命やってあげるのですが、その時は気持ちよさそうにしているものの、顔はそらしてこちらを見ようとしません。そして物音がすると、何か食い物にあずかれるのではないかと思ってか、すぐそっちのほうへ行こうとします。マッサージの手を休めると、お礼らしい行動もせずにその場を去り室内を、餌がないかとさまよいます。

まあそんな犬ですが、酒々井の藪の中をさまよって苦労してきた時期もあったのかと思うと、情が移ります。人とは別の純粋な可愛さがあります。あと7,8年の犬生ですが、ともに生きていこうと思っています。

いいね (13 )
読み込み中...