千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

ブログ 一覧

今までの ブログ の一覧です。

2018年06月12日(火)
2018年05月29日(火)
2018年05月24日(木)
2018年05月22日(火)
2018年05月19日(土)
2018年05月19日(土)
2018年05月14日(月)
2018年05月07日(月)

今日行われる米朝会談のヴィネ的予想

1.核兵器全面廃棄に合意

2.拉致問題無視

1は当然合意するけど、最終的な廃棄まで数年はかかると言われているのをのらりくらりと対応して小出しの廃棄。その間に経済支援は一気に進めるつもり。っ得に中国という後ろ盾があるからアメリカからの援助が少なくても大丈夫。むしろ一気に経済支援されて国民が経済的な潤いに目覚めちゃうと体制崩壊につながりかねないので困る。

2はすでに解決済みの立場取るでしょう。日本との平和条約結べば数十億円のお金が得られるはずですが、今それがほしくて拉致問題で謝ることはないでしょう。北は日本のことをすごく嫌っているはずですから。

さてどうなります事やら、興味津々。

特に柔道でみられるシーンですが、銅メダルや銀メダルとって悔しそうな、沈んだような、ときに不貞腐れたような表情を見せる選手がいます。お家芸といわれ期待されているだけに非常に残念なのでしょう。典型はレスリングの吉田沙保里選手の銀メダルでしょうね。涙流して「とんでもないことしてしまった」とまで言いました。それだけの重圧を背負っていたのでしょうねえ。ある意味かわいそうでもあります。周りを気にせず好きなようにやればいいのにとヴィネは思いますが、そうもいかないんでしょうね。国から強化費とかもらっているし、地元の期待もあるしで。

さてそんな第三者的なこと言いましたが、実際ヴィネも3位でチョー残念な気持ちになることはしばしば。水戸マラソンの時も3位。榛名湖マラソンは4位。2位なんてすごく多い。そのたびに喜べない自分がいるのを自覚。これが5位、6位だとあきらめがつくんですが・・・。

ランナーズのフルマラソン一歳刻みランキングが出ました。昨年度のヴィネの順位は3位!!チョー悔しい。もちろんヴィネの記録では1位は難しいだろうなとは思っていました。
ヴィネが悔しいと思うのは、広島のカキでノロになり絶対に行けると思った若潮マラソンを棒に振ったことです。とても調子がよく練習量も多く、あの難コースでも2時間55分で行けると予想していたんですから、その落胆はたとえようがありません。その後いまいち足の調子もよくなく、静岡では残念な記録。これでは1位は無理とはわかっていても、実際の順位を知ると悔しさが込みあがってきます。

悔しさをぶつける先は一つしかありません。
もう広島には行かないぞー!新幹線で広島通過するときも息を止めてじっと我慢してやる。てなやつ当たりしかないのが悲しい・・・。

 

 

 

右膝は半月板損傷だとして、しかし手術は回避すべきとの最近の知見。ではどんな保存療法があるのか?
調べてもあんまりしっくりときません。坂道ダッシュもできないかんじ。足底版やサポーター、テーピングなんて冗談じゃありません。これじゃあ今年中に目標達成は至難の業!

実は26日帰宅ランの時に左脹脛に痛みを感じました。軽かったのであまり気にせず、翌日曜日はいろいろと予定があり練習休み、月曜日の通勤ランした所、「え?なんアキレス腱が?」。
アキレス腱そのものに痛みがあるのです。医院に着いてみると、痛みは本格的になり、とてもまともに歩けない感じ。はたから見ても足を痛めたのはすぐばれちゃうほど。

「アキレス腱にはソルコセリルだよ」
先日相談した先輩整形外科医の言葉を思い出し、本体適応外のソルコセリルをアキレス腱の下のケーガー脂肪体にぶっちん。
ここは過去にステロイドや筋膜リリースで処置した場所。過去にはそれで治っていたんですが、ステロイドは連用が怖いし、生食よりはソルコセリルのほうが治癒力はあるのかな、と期待しての行為です。

ところがソルコセリルは半端じゃない痛み。30分くらい悶えました。その苦しみを乗り越えて数時間すると、あきらかに痛みは軽減しました。しかしそれはソルコセリルの薬効なのか単にそこに注射したからなのかわかりません。

痛みは軽減したものの、今日走れるほどではありません。
アキレス腱と膝。これで両足に障害を抱えることになっちゃいました。この難題を抱えて今年の目標の前に暗雲が立ち込めているのは誰もが疑うことがない現実。
どうしよう・・・・・。(;_;)

そうだ!あれがあるじゃないか!あれをやってみよう。絶対即効性の効果が期待できます。
「あれってなんだ?」
それはしばらくして実際にやった時のご報告。

日大アメフト部の故意のタックル事件で、内田前監督が「監督としての全責任はとるが、俺は選手につぶして来いという指示はしていない」と責任を逃れる言い訳をしていますが、これを信じる日本国民がどこにいるでしょうか?
100%スポーツマンシップに背く恥ずべき行為。これを日大は擁護しているんですから信じがたいですね。

一方怪我をさせた選手は正々堂々と謝罪をして、故意にタックルした行為は問題ありですが、その後の態度は勇気ある立派な行為です。二十歳の若者がなかなか報道陣を前にして謝罪することはできないものですよ。
それと比較すると、実に前監督やコーチの言い訳は見苦しい。しかしその2者のを比較すると、違いが見えます。内田はシラーっとしていますが、井上はぶるぶる震えて自分が嘘をついていることに耐えきれない様子です。辞意を表明したとのことですが、本当のことを言ってやめたほうが心の傷を残さないよ。

どうしてこう立場の上の人間って保身するんでしょう。年取って善悪の判断がつかないのでしょうか?もう後がない人生なので今の地位に何が何でも固執しているようにも見えます。
しかしこの風景何かに似ています。
おお、そうだ!加計森友で次々と出てくる文書の内容を否定し続ける安倍やその取り巻きの姿とそっくり。嘘ついているのは子供でも分かります。どうしてこんな低俗なことに国費を使って振り回されなければいけないのでしょうか?学級委員会だったらすぐに解決できることを、立派な建物の中では全く解決できないどころか、嘘が平気で通っちゃうところは子供に見せたくないですよねえ。

しかしこんな低俗国会議員が現存するということは、最終的には国民の責任です。一時3割切った政権支持率も、問題の進展がないのに、すぐに3割を取り戻しましたからねえ。経済だけよければいい、つまり金さえもうかりゃ今の政権でいいという亡者が日本中あちこちにいるから、悪徳政治家が淘汰されないんですよねえ。

いつまでたっても膝の症状が消えません。本当に偽痛風なのか?ネットで調べてもどうも自分の症状とあわない。

そんなわけで先輩の整形外科医に電話してみました。すると軽く症状きいただけで
「そりゃ半月板損傷だよ」
「先生、4年前に膝に淡い石灰化があって、その時偽痛風って言われたけど」

先生、偽痛風のことなんかすっかり忘れて
「ランニングで損傷することは極めてまれなんだけどなあ、俺んところにはたくさん来るよ。でもランナーはまれだな。半月板の外側の厚いところ損傷するとまずいけど、中心部の薄いところなら走れるよ。膝のところに縄巻いて走っているやつもいるから。半月板は年取ると薄くなって切れやすくなるんだよ。そこにはヒアルロン酸は効くよ。もちろん注射だけど。」

先生の結構いい加減なところ気になりますが、偽痛風ではなさそうなことを聞いて少し安心しました。そして結構多くのアスリートが半月板損傷してもスポーツを続けていることに勇気をもらいました。

さあこうなったらそろそろ走り出してもいいじゃありませんか。というわけで17日ぶりに走り出しました。ゆっくりゆっくり、キロ6分で。違和感はありますが少しずつ演習を積んでいけば、そのうち膝も癒えてくると思うようにしました。
もちろん今日膝にヒアルロン酸打ちました。

膝の痛みが続き、ブルーな日々を送っているヴィネですが、唯一嬉しいことがありました。

久しぶりに血液検査した所、なんとγGTPまで正常になっています。もちろんAST(GOT)、ALT(GPT)もパーペキ(パーフェクトと完璧の合成語で、これ以上非の打ち所がない完全な状態をいう「なんちゃって広辞苑」)な正常値!

今までγはなかなか正常値にならなかったんで、やはりアルコール性かなと思っていたんですが、今のアルコール摂取量は、純アルコール換算100g飲むのが月に1回。時に2回。全く飲まない日は週2,3日。普通は飲んでも20gか30g程度のアルコール。こんなもんでγ上がるかなと疑問でしたが、そこまで肝臓弱くはなかったようです。

ということは、ヴィネを長年悩ましていた肝機能障害は、やはりすべてランニングによる虚血性肝炎ということになる。ということで今後同じようなアスリートには自信をもって答えることができます。

しかし今の問題は膝!ヴィネの身体に重くのしかかっています。

生ガツオがお買い得!

ヴィネの友人が先日3回目のアニサキスで内視鏡で緊急摘出しました。
原因は生ガツオ。どうも今年の生ガツオにはアニサキスが多いようで、各地で報告が上がっています。
そのため冷凍ガツオにして売っているところも多いとか。一方生ガツオはこんなこともあってやや安め。

それではその流れに乗って値段の下がった生ガツオをゲットしましょう。でも食べるときはよく噛んでね!

もともと健康的な食生活では咀嚼最低30回ですから~

といいながらヴィネも過去に3回アニサキスになりました。うち2回は自己摘出。

膝の痛みが典型的ではない。

全く痛くないこともあれば、突如強烈な痛みに襲われ、足をひきづる羽目になる。その誘因がほんのわずかなことなので、「鵞足滑液包炎」と自己診断した後も、「やっぱ変だなあ」と疑っていました。しかしだからと言って偽痛と診断するにはあまりにも非典型的です。膝は腫れていないし熱も持っていない。

そしてレントゲンとってみました。
うーん、石灰化が増えている(T_T)・・・・。

痛みは5日に走っていて突然見舞われたことを考えると、完成内の石灰化が内部でわずかに動いて刺激したのかもしれません。これが固まれば痛みは消えるのかも。

しかし考えようによってはこれから同様のことがいつ起きるかわからないってことで、もしレースの時に起きたらたまったもんじゃないなあ。何か根本的な対策をとりたいもんですが・・・・。

 

ヴィネのホームコースのうるいど自然公園のトレイルコース(一般的には散策コース?)の中間にある休憩所です。

実に心地よいところです。1時間走っていても数人にしか会うことはありません。

心臓発作で倒れた時には救助が遅れるかもしれませんが、そんなことさえなければフィトンチッド満喫!

一昨日の練習で突然右膝内側に痛みを覚えて、その後様子を見ていたんですが、結構な激痛が走ることがあります。しかしあまりいたくないときもあります。

場所は鵞足といわれる筋肉が筋となって集まる部位です。押してもあまりいたくはないので、筋の断裂はないのでしょうが、鵞足滑液包炎はこんなに急に発症するものでしょうか?

痛めた時は結構な痛みで、家までの4キロをどうして帰ろうかと冷や汗もんでした。幸い脚への力の入れ具合で痛みを回避できることがわかり、そろうりそろうりと泣いた子を起こさないような気持で走り帰宅できたわけです。

しかしこの1年怪我ばっかりです。3月に痛めたアキレス腱はほぼ完治して長引かせなかったのですが、新規のケガが多すぎる!!