千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

アサドのトランプ評 - ブログ

シリアのアサド大統領がトランプ大統領を「もっとも透明性の高い大統領だ」と「称賛」しているという。もちろん敵対するアメリカの大統領ですから皮肉に決まってますが、その理由について知るとなるほどと思いました。

トランプのその政策がいいのではなく、透明性が高いのでわかりやすいというのだ。つまり、歴代のアメリカ大統領は「あらゆる座政治的残虐行為、罪を犯しているのにノーベル賞を受賞し、人権や西側の価値観の守護者を気取っている」と批判しているのです。

一方トランプは「石油がほしい」「こういう人物を排除したい」「金をくれるならこういうサービスを提供する」といったぐらいに表裏のない話し方をする。わかりやすい敵よりいいものはない、という。

確かにゴアもオバマもノーベル平和賞をとったが、それに見合うことはないもやってません。ノーベル委員会の頭がおかしいといってしまえばおしまいですが、せめてグレタ・トゥーンベリさんのように賞を辞退すべきだったですね。「いやいやまだ俺何もやってないから」と言って。

翻って日本の政治家見るとホントにわかりにくい。腹のうちはほぼ「欲」だけ。「政権維持したい」「憲法を変えたい」「身内に利益誘導したい」といった具合。でも表立っては「国民に寄り添って」「丁寧に説明をして」と毎回同じ陳腐なフレーズで国民を愚弄している。それに国民は何の反論もせず平和ボケのぬるま湯につかっているだけ。

医療ではどうか?確かに医者の説明はよくわからない。素人には専門的な話が理解できない。しかも説明する時間が短すぎてあっという間に終わっちゃう。そして「やせろ、食事制限しろ」とか「酒止めろ」「たばこ止めろ」とか人の弱みに付け込んでくる。
果たしてこれで患者に寄り添った医療と言えるのか?

この問題を解決するには、まず病院の構造から変えないといけないのかなあ。あまりにも無機質で殺風景。これじゃあ病院に来て血圧上がるのも当然。待合室をカフェみたいにすると緊張もほぐせるよねえ。待合室より良くないのが診察室や検査室。検査機器ももう少し遊び心ある外観にしてもいいんじゃないでしょうか?

それよりも一番直さなきゃいけないのは医者の態度でしょうなあ。あまりにも事務的すぎるのはbooでしょう。ヴィネは長年通院して気心が知れてくると結構ため口使っちゃったりしますが、初診の人の時でも頭の中では「気の利いたフレーズを言えないか」と考えています。でも緊張している様相の患者さんだったり、深刻な病気の患者さんだったりすると、そんなことすることがかえって状況を悪化させるので、いい状況をつくりことが難しいですねえ。今後ともせめて説明だけはかみ砕いてわかりやすくしようと努力は続けようと思っています。