千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

自分の頭で考えてほしい - ブログ

マスクの目の粗さではウイルス程度の粒子はトラップできないと以前書きましたが、もう少し踏み込んでみますとコロナウイルスに対する賢い対策ができます。

皆さんは自分の花粉症を引き起こしている花粉はどこからやってきていると思いますか?裏庭の杉の木?まあそれもありますが、それだけじゃありません。じゃあ大都会の人はどこの花粉を吸っているのでしょうか?
例えば市原市の場合、実は神奈川県の山の花粉が飛散しているのです。それよりも300分の一の大きさのコロナはどこまで吹っ飛ぶのでしょうか?もう一つの例を提示しまします。中国のゴビ砂漠あたりから吹っ飛ぶ大きさの黄砂の大きさですが、大きいもので10マイクロメートル以上で、これらはそれほど遠くまで飛びませんが、数マイクロメートル以下の小さなものはアラスカまで飛ぶとのことですよ。

単に粒子のサイズだけで論じればコロナウイルスは世界中に飛ぶ可能性があります。もちろんウイルスはそんなに長く生きられませんから遠くの国まで飛ぶということはあり得ません。

でも一度患者から吐き出されたウイルスが数メートルもしくは10メートル離れて入れば安心という考えが、いかに甘いかがわかるはず。映画館で一つおきの座席に座るだけでは全く意味なしでしょう。
またこれだけ細かい粒子が床に落ちるまでどれだけの時間が必要でしょうか?それも知らずに一生懸命床に消毒液をまいている作業員の方、残念ですが無駄な行為だと思いますよ。空中に漂っているウイルスのほうがよっぽど多い。

専門家にやってほしいのはこの辺の研究ですよ。さらに体内から排出されたウイルスはフリーでどれくらい生きていられるのか?ウイルスは自分では増殖できませんからいったん宿主から排泄されれば、ほかの生き物の細胞内に入るまでのサバイバルの旅に出るのです。だからそんなに長くはないと思われます。でも時間単位なのか、日単位なのか?そこを知りたい。それが分かれば、人の出入りを禁止した施設を無駄に消毒する必要はなくなります。

「正しく怖がれ」とよく言えたものです。専門家は自分が正しい情報を持っていないくせに素人に偉そうなこと言えません。少しは自分の頭で考えて先に進みなさいよ。