千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ハチミツの間違った使い方と評価 - ブログ

先月のスーパーでの売り上げが急に伸びたものの筆頭が、なんとハチミツだとのことです。

その理由が、3月10日夜の民放の番組のようです。ヴィネはこの番組を見ていないので、ネットで調べたことを引用します。番組ではハチミツをスーパーフードと呼び、「細菌&ウイルスを撃退するパワー」「新型コロナウイルスへの効果も期待!?」と紹介していました。その根拠として、長崎大学の研究論文です。そのほかにも、ハチミツの成分がウイルスの遺伝子を破壊するというような説明を、口頭で付け加えていました。この試験はシャーレで細胞を培養し、ハチミツを入れてウイルスの阻害の程度を調べる、というものです。

早速消費者庁は否定に回りました。消費者庁の言い分はこうです。

「新型コロナウイルスについては、その性状特性が必ずしも明らかではなく、かつ、 民間施設における試験等の実施も不可能な現状において、新型コロナウイルスに対 する予防効果を標ぼうするウイルス予防商品については、現段階においては客観性 及び合理性を欠くものであると考えられ、一般消費者の商品選択に著しく誤認を与 えるものとして、景品表示法(優良誤認表示)及び健康増進法(食品の虚偽・誇大 表示)の規定に違反するおそれが高いものと考えられます」

ヴィネは民放も消費者庁も間違いをしていることに気づいていないことを指摘したいです。

まず民放から。長崎大学の研究成果を勝手に「はちみつを食べることでコロナ対策に役立つ」と勘違いしているのです。つまりヨーグルトに混ぜたり、料理にハチミツ使ったり、パンにハチミツ塗ったりという方に転換しているのです。長崎大学の研究結果をそのまま実生活に応用するのであれば、食べたって駄目だけれど、喉をコーティングする方法である「喉はちみつ」はウイルスを阻害する効果がある、ということになります。どうしてそんなことが分からないんでしょうか?

ハチミツは直接喉に垂らすんです!!その後水飲んだり食事したりはしばらくしないでください。コーティングの意味が薄まります。

そして消費者庁。「その性状特性が必ずしも明らかでなく」と言っているなら、厚労省がしきりに勧めているマスクや手洗いだって根拠がないか薄いものなので、それらを否定することになります。たいそうなこと言っているけど何も言ってないのと同じです。確かにいろんなものが抗ウイルス作用があるというデマが流れて、それで一儲けしようとするやつらがいるのは事実であり、警鐘鳴らす必要はありますが、ハチミツに関してはもっと正確に伝えてほしいものです。