千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ソーシャルディスタンシングは2メートルで十分か? - ブログ

「となりの人との距離を2メートル取りましょう」

みんな何の疑問もなく「そのくらいの距離をとらなければいけないんだ」と思っているのでしょうか?中には「2メートルの距離をとっていれば大丈夫」と安心している人もいるでしょう。中には知ったかぶりして「2メートル離れろよ」「座席は2つおきに座らなければいけない」など、人に指示する人もいます。
しかし2メートルの距離に何の意味もないはずです。なぜならその根拠が示されていないからです。つまりたとえマスクしていても、くしゃみとかして10㎛以下のエアロゾルはマスクの防御効果なく空中を漂うことがNHKの映像で示されていました。それが2メートルの距離を保っていれば自分のところに届かない、という簡単な実験さえされていないのです。

コロナのエアロゾルには色もついてなければにおいもありません。だからいわゆる専門家という人が言ったことが正しいと勘違いしているのです。

ここから本題ですが、今までのヴィネのコロナ関連のまじめな記事から結構ずれる、ちょっと下品な話になりそうなので、一生上品に生きていきたい方はご遠慮ください。

つまり色かにおいがついていれば納得できるんですよ!でもコロナのエアロゾルに色やにおいをつけるのは困難なので、代わりにおならを例に取りましょう。

皆さんは相手との距離を2メートルとっていれば、自信をもっておならをすることができますか?
まあ、ヴィネ以外そんな人はいないでしょう。(ちなみにヴィネのおならは完全無臭です)
じゃあ5メートル。それも厳しい。
じゃあ10メートル。ふうむ、そのくらいあれば大丈夫かもしれない。いやいやおならの量にもよるな。少量なら大丈夫、大きいと10メートルでもにおうだろう。

というような計算を無意識の中でしているんじゃないですか?そして強い生理現象に背中を押されて、ついつい「大丈夫かもしれない」という甘い判断を下して、しばしば失敗しているんじゃないでしょうか?そうなんです。空気の流れが非常に少ない室内でも、おならは結構拡散するものなのですよ。

何?おならとコロナじゃ比較にならないと!?
いえいえ、おならの成分にはわずかな便と大腸菌などの腸内細菌、さらにガス成分、そして水分があります。ガスはわずかな水分を含んでいる可能性は十分考えられます。つまりエアロゾル状態です。それはコロナがエアロゾル状態で浮遊するのと同じですよ。

さあ皆さん、これで2メートルが全く意味のない距離であることが実感できたと思います。つまり室内ではほぼ間違いなくコロナのエアロゾルは吸入するのです。したがってマスクしても距離とっても無理です。

ちなみにマスクが効果ないのも以上のことで証明できます。
え、わかりませんか?少なくてもパンツとズボンのフィルターを通しておならは外に放出されるのですよ。冬場で厚着しても同じです。不織布のパンツをはいても全く同じです。

だから何度も言うように、コロナ対策は体に入らないようにするのではなく、体に入ったものを自分で退治するのですよ。

あー、ちなみにおならを無臭にする方法って知っていますか?臭いおならの原因が肉だとかストレスだと言っている専門家がいますが、違います。

食べ過ぎです!!

現代人の多くは食べ過ぎです。しかも一気食いするとおならは臭くなります。腹7分目にすれば自然と臭くなりません。