千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

なぜパチンコ屋ではクラスターが発生しない? - ブログ

皆さんは営業自粛に抵抗して営業を続けるパチンコ屋や、県外から店に訪れる客に対して腹を立てていると思います。ヴィネはパチンコ屋の肩を持つわけではありませんが、科学的事実からこの問題に切り込んでみました。

ネット上で下記のような情報を見ました。ただし「未定稿」となっているので今後変更の可能性があります。
コロナウイルスの直径が0.5㎛、そしてコロナは単独で空気中を浮遊することなく、普通はエアロゾルの状態で空気中に排泄されると思ってください。そのエアロゾルのサイズですが、正確な決まりがないようで、~5㎛とか10㎛あたりだとということを頭において読んでください。

鼻呼吸をすると、鼻の内部の複雑な構造とそれによる乱流が原因で 5~6µm 以上の粒子はほぼ完全に除かれる。さらに 5µm 以下の粒子も加湿によって粒子が大きくなると沈着が増加する。一般的には鼻呼吸において、1~5µm の粒子では約 50%が気管気管支領域に沈着するものの、10μm 以上の大きい粒子は気管気管支領域まで達することは少ない。つまり鼻呼吸で入ってきた粒子は結構鼻の中でとどまり、あまり気管支の方にはいかない。

その一方、口呼吸においては 10~20µm の大きな粒子の 95%以上が気管気管支に沈着する。さらに小さい1~10µm の粒子の約 60-80%は細気管支レベルに沈着し、特に 1~5µm の粒子の 40-60%は肺胞レベルに沈着する。つまりコロナが気管支、さらに末梢の肺胞にまで到達するのは圧倒的に口呼吸。鼻呼吸がいかに大事かということです。

このことから、パチンコ屋では人はあまり会話せず、ただひたすら球を追い続けているだけなので、3密でも感染しにくい可能性があり、歓談を伴う飲み屋やクラブ、ライブ会場のように歌ったり踊ったりして口呼吸になると、重症化しやすい肺炎になりやすくなるのではないでしょうか?

このことから、優先的に自粛解除するべき業種を決めていくのが筋が通っていると思われます。