千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

田舎のランナーでよかった - ブログ

昨日は6:30、今朝は7:30にスタートして20キロ走りました。

幸い薄曇りでピーカンの時よりは相当日差しがさえぎられている感じがします。実感としては半減くらいに感じます。気温は30度程度でしょうか。

走り出して20分くらいで少し立ち止まると顔が熱い。むしろ走っているときのほうが顔の温度が下がるのかも。しかし走っていると体が熱い。これでは走るも地獄、止まるも地獄。気持ちがなえる瞬間です。しかしここで帰ったら今日の距離は10キロにも満たないじゃありませんか。

せめて10キロはいかないとなあ、と思い気持ちを振り絞ります。そして公園の日陰にたどり着きます。最近は日陰を数往復して距離を稼ぐ走りを取り入れています。ここの往復で10キロを超えると、大台に乗ったという安心感もあってか、大分走りも楽になりました。公園の水道水で大量の水を飲み、頭から水をかぶり、もう全身びしょびしょです。

そして何とか今日も目標の20キロを終えて、シャワーしながらスイカを食べるのが今のヴィネの楽しみです。コロナ禍で十分に運動ができない人もいる中で、ヴィネの趣味がランニングでよかったと思います。

格闘技やラグビーなどコンタクトスポーツはもちろん、対戦相手のいるスポーツはなかなか自由に活動できないでいます。個人で山に行こうとしても、いろんな規制がかかっていて、山に行けたとしても全然楽しくないです。比較的安全とされている水泳でも、今年は海水浴は禁止のところが多いし、プールだってある金メダリストがうるさいマナーを提示したもんだから楽しめないですよね。

ランナーでも都会の公園を主な活動の場にしているランナーは、ある人が余計なエチケットを広げたため人の目を気にしなきゃいけなくって、それだけでも息苦しい。田舎のランナーでよかったとつくづく思うこの頃です。

いいね (1 )
読み込み中...