千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

やっぱりおかしいあの論文 - ブログ

8月25日に取り上げた2005年の京都大学が発表したうがいに関する研究記事でどうも釈然としないことがあります。

水でうがいしたグループが、うがいしなかったグループとポピドンヨード液でうがいしたグループに比べて有意に風邪にかかる率が減少したという例の記事です。ポピドンヨード液でのうがいに効果が見られなかった理由として、ポピドンヨード液の殺菌効果によって口腔内の細菌叢が乱れて(つまり善玉菌も死んじゃって、てことだろう)風邪の発症を予防できなかった可能性を指摘している。

これっておかしくないですか?

つまり、ポピドンヨード液は細菌は殺せるけど風邪の原因であるウイルスは殺せないってことじゃないですか。これじゃ全く意味のない、むしろ風邪の予防とは逆の行為をしているってことになりませんか?よくこんな理由考えだして納得していますねえ。しかもこの論文ちゃんとした雑誌に載っています。おそらく査読もされているのだと思います。

風邪は万病のもとと言いながら、長い間医者は無関心で、何も対策取っていなかったってことですね。今の専門家も同じですよ。

いいね (2 )
読み込み中...