千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

一般人の疑問に真摯に答えよ - ブログ

どうしてこうも専門家ってやつらは実生活に向き合わないのでしょうか?

「傷があるところからコロナウイルスは感染しないのでしょうか」

こんな疑問は手洗いを盛んにすすめるマスコミの言うことを聞いて一生懸命手を洗い、結果として皮膚がガサガサになりあかぎれになってしまう人がたくさん出てきているので、当然の出てくる疑問ですよ。半年ほど前の専門家の対応は「保湿クリームを塗って対応する」ことでしたが、そんなことお前に言われなくても一般の人はやっているわ。その先の質問をしているってことかわからないのか?
そして今回のこの疑問。このえせ専門家の答えは「そういう研究結果は出ていません」

ヴィネはテレビの画面を蹴飛ばしたくなりました。はっきりいえば、「いや、まだそこまで誰も研究していません」なんですよ。もしくは「すみませんそこまでは調べていません」が本音ですよ。知らないことを隠すために「いくつかの研究はされていますがまだその結果が出ていない」ととらえられるような言い方にごまかしています。
マスクのことだってこれだけコロナがはやってきてからやっとその効果について研究されてきたのです。それまでは研究対象にするのは少しレベルが低そうな内容なので誰も取り組まなかったのでしょう。うがいだってそうです。研究論文は非常に少ないのです。手洗いの効果に関しては果たして医学研究の対象になってきたのか怪しいものです。手に100万個の大腸菌塗って手洗いの効果を調べた結果くらいしか耳にしませんし、あとは某テレビ局が蛍光塗料をウイルスに見立てたという、そもそもスタート地点から問題のある研究とは言えないようなものが手洗い励行の根拠になっています。このように生活に密着した事柄って研究者は研究したがらないです。本来はそれが大事なのに・・・。

ある小学校で授業が終わるたびに手洗いさせられていると報道されていましたが、何考えてるんでしょうかね。これらの報道を勝手に拡大解釈して、その犠牲が純粋な小学生に向かっているんです。インタビューに答える従順な小学生がかわいそうでなりません。

話は最初に戻りますが、ヴィネの立場は「手の傷からは健常な皮膚の何倍もウイルスが感染しやすくなる可能性が考えられます。過剰な手洗いは避けなければなりません」です。

具体的には手首や手の甲まで洗う必要はないです。手のひらだけで十分。石鹸を使うのはトイレの後と食事の前くらいでいいです。それも数秒でいいです。それ以上に洗うのなら石鹸を使わない洗い方をするべきです。

いいね (9 )
読み込み中...