千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ハーバード大学も認めたヴィネのはちみつ理論!! - ブログ

ヴィネがのど風邪(扁桃炎)の治療としてはちみつが効果あることに気づいたのは1999年の9月、スパルタスロンに参加する前日でした。偶然発見したその劇的な効果のおかげで、その年のスパルタスロンで3位入賞を果たしました。

そしてその世紀の大発見から遅れること21年。アメリカの天才秀才が集まる聖域、ハーバード大学医学院で、のどの痛みに対する治療法としてはちみつが効果あると結論付けられたのです。

以下、ウィキペディアからの抜粋です。

「上気道感染症(風邪など)の症状である喉の痛みや咳が出る場合は、蜂蜜がその症状を軽減する可能性があると2020年11月にハーバード大学医学院で公開された。蜂蜜には抗菌特性があり、科学者は、大人(1歳以下の子供ではない)では、上気道感染症(風邪など)の症状に対処するための無害な方法であると結論付けた。」

これでお判りでしょう、ヴィネが四半世紀にわたって言い続けてきたはちみつの効能が、世界の英知の結集するハーバード大学で科学的にも証明されたのです。ヴィネのブログを読んで、せせら笑っている一部の人間よ!ヴィネの底知れぬ能力にやっと気づいたか!
ハーバード大学のこの報告、遅きに失した感もありますが、心の広いヴィネですからまあ許しましょう。時期的に、コロナ対策でいろいろ考えているうちにはちみつに行きついたんでしょうね。

ここでふと思ったんですが、ヴィネはホームページの中で特に広く伝えたい部分について、英文にして掲載しているのですが、まさかハーバード大学の人間がヴィネのブログを読んで、研究発想のきっかけにしたんじゃないでしょうか?まあそのくらいならいいけど、まさかパクリ??英文ブログでももちろんはちみつは紹介しています。たまにアメリカ本土からブログにアクセスしているのがわかっているんですが、どうせ駐在している日本人だろうと思っていたのですがもしかすると・・・。

 

いいね (10 )
読み込み中...