千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

コロナワクチンの副反応報告 - ブログ

一昨日の土曜日に2度目のコロナワクチンを打ちました。1回目は腕が痛いだけで、ふつうに力仕事もできました。一般に2回目の方が副反応は強く出るとのことですが、いかがだったでしょうか?

昨日朝起きた時になんかいつもとは違うという感覚でした。わずかなだるさでしょうか?熱はないので犬の散歩に行きましたが、用心して今日は走らずに3キロのウォーキングです。
その後新聞を読んでいると寒気を覚えました。次第に強くなり、11時ころにはダウンを2枚着込んで毛布をかぶるほどでした。昼食後寝ました。体温は次第に上がって38.5度まで行きました。カロナールを飲んだけど効いた時間はないです。カロナールが効果ないというのも副反応の特徴らしいです。夕食ごろには37.8℃くらいまで下がりました。熱の割にはだるさはそこまでひどくないので、ふろに入りました。
夕食後も早めに寝ました。明日には熱も下がって仕事も普通通りに行けるだろうと思いながら。

ところが真夜0時ころ、悪寒戦慄がひどくなりとてもつらくなりました。熱を測ると39.2℃!ううう、しかも腹も痛い。こんな寒気があるのにトイレでケツを出すのかよ・・・。我慢できずにトイレに行くと大量の下痢便。
下痢で腹の中のものすべて出した感じで、気分はすっきりしました。そのうち悪寒も落ち着き、かなり楽になりました。だいぶ熱も下がっているだろうと測って見ると38.2℃。全然じゃん。

寝ていると楽ですが、起きるとだるい。それでも仕事を休めないのは一人医者のつらいところ。今日は在宅診療もあるのですが、それは明日と明後日に分けてやることにします。

若い人ほど副反応がち強いとのことですが、そんなのうれしくない。昨日はとても天気がいいのに何もできなかったし、今日の仕事もどうなることやら。本格的に若い人たちが打つようになったら、職場も混乱しそうです。

いいね (10 )
読み込み中...