千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

PCRと抗原検査 - ブログ

新型コロナの抗原検査が薬局で売られ始めました。

以前にもコメントしたんですが、「抗原検査でマイナスだから、熱があったって自分は感染していない」と過信している人がいます。政府は抗原検査で陰性なら例えばコンサート会場やスポーツイベント会場にに入れるという指標にしようとしているのでしょう。しかしこれは問題があります。

抗原検査はウイルスのたんぱく質を検出する検査ですが、ウイルスの量が多くないと検出できません。おそらく無症状だったり軽い症状では抗原量も少ないので陽性に出ないでしょう。また死んだウイルスのたんぱくにも反応しますから、感染していなくても、もしくは治った後でも陽性に出る可能性はあります。ただ、陽性でなければ強い感染力はないとだろうとは推定はできます。だから政府はコンサート会場で抗原検査を導入することを検討しているのでしょう。しかし一般市民の方が正しい検査方法で検査できるのかという疑いが残ります。実際ヴィネの所で自分でやった抗原検査がマイナスだったけれどPCRは陽性だった人が二人いましたし、その人たちは家族内感染させていました。

一方PCR検査はどうかですが、PCR検査はウイルスの遺伝子を何倍にも増幅させて検出するやり方です。だから抗原検査と違って、少しのウイルスでも検出できます。しかし問題はそのウイルスが死んでいても反応するのです。ですから現在コロナ患者が退院するときはPCR検査はしません。したところで死んだウイルスが体内に残っているのでPCRはすぐにはマイナスにならないからです。以前は2回のPCRをやってマイナスであることが退院の基準だったのですが、今では症状が治まってある一定期間がたてば感染力がないとの考えになりました。

抗原検査にしてもPCR検査にしても絶対ということはないのです。特に感染していないことを証明する手段にはなっていません。ただ、抗原検査がすぐに陽性反応を示したり、PCRを定量で調べれば感染の強さが判定できます。

ということで検査でマイナスだからといって安心できないのです。最も大切なのはワクチンなのです。ポストコロナ、ウィズコロナを生きるにはワクチンを打つことが一番大切になります。ワクチン証明があれば宴会でもコンサートでもできる社会に近づけます。そして無駄な手指やテーブルの消毒おさらばして、ソーシャルディスタンス、アクリル板の設置で対策した気になる短絡思考を捨てて、最大の環境対策は十分な換気だと頭切り替えて生き抜くのです。

いいね (10 )
読み込み中...