千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ラテックスアレルギー - ブログ

コロナパンデミックで、手袋を使う機会が増えているようです。しかし、きちんとその必要性を説明ができる人はほとんどいないんじゃないでしょうか?

当院の患者さんで、手袋をつけてこられる方がおひとりいらっしゃいましたが、その方は半年後にはやめていました。なぜつけたのか、なぜやめたのかについては聞いていません。まあ、医療情報には詳しくないでしょうから、報道などで情報を得て「感染防止には手袋が必要だ」と過剰に反応したのだと思います。

しかし、医者が職員に仕事中に手袋をつけさせるとなると話は別です。ある医療機関に勤めるその人は、ラテックスアレルギーで手がかぶれています。なのにやめることができません。
手袋が必要になるのは手術の時や処置の時がほとんどで、しかもその行為が終了したらその手袋は使い捨てにしなければいけません。したがって事務職の人が仕事中にずっと手袋をつける意味は全くないのです。

話によると、そこは発熱外来をやっているので、県から大量の手袋が送られてきたから、それを処理するために使わされているようでもあります。当院にも大量に送られてきましたが、ヴィネはその一部はもっと有効に使ってくれそうなところに寄付しました。

コロナで政府はすごい無駄遣いしてますねえ。医療機関に配布するこれらの対策物品もそうですが、最近の報道ではアベノマスクが115億円分、配布されずに倉庫に保管されたままで、その保管費用に6億円も無駄遣いされているといいます。為政者の根拠のない思い付きで500億円以上の無駄使いした上に、さらに毎年6億円の無駄金を国民は払わされるんですか! 納得いかんなあ。

いいね (10 )
読み込み中...