千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slide One
Slide One
Slide One
Slide One
previous arrow
next arrow

世の中にあってはいけないもの - ブログ

個人的には世の中になくてもいいなあと思うものはたくさんあります。

その代表がMMKです。昔々、MMKおばさん、おじさんというのが存在していました。「もててもてて困っちゃう」おばさん、おじさんという意味です。今回はそれとはまったく違います。マック、ミスドー、ケンタッキーです。もちろんマック以外のハンバーガーならいいというものではありません。マックはハンバーガーショップを代表しました。
この20年でこれらの店を利用した記憶がほとんどありません。一度だけ海外でほかに行く店がなく、マックに入ったことがあっただけです。我慢もできましたが、ほかに現地の人もいて彼らに合わせた形でお店に入りました。

MMK以外にもCJは個人的には10分の一くらいに減ってもいいですね。CJとはコンビニと自販機です。毎日コンビニを利用する人がいますが、ヴィネは年に1,2回しか使ったことがありません。自販機も2,3か月に一回程度で、ロングジョグするときだってめったに使いません。出かけるときは前もってお茶持っていきますが、利用するのはそれを忘れた時くらいでしょうか。

またRUGも使わないなあ。ラーメン屋は年に1回くらい。うどん屋は10年位は行っていない。牛丼屋に至っては人生で利用したのは一回だけです。こんなつまらない人生を送っているので、人との会話が進まないこともあります。しかしSDGsの面からみると、とても優秀な人生だと心ひそかに自慢しています。

あくまで個人の意見ですが、以上は世の中に相当少なくなってもいいようなものです。

閑話休題、世の中にあってはいけないものの話です。

その1,ナイロンタオル
とくに中高年は絶対使っていけません。これを使うと皮膚の最後のお仕事である”保湿”を完全に奪ってしまい、チョー乾燥します。特に入浴後背中腰回り大腿中心に激しいかゆみに襲われます。入浴時にもかゆいのですが、こすると一時的に気持ちがよくなるのでごしごしやります。それが悪魔の誘惑。病院に行くと保湿剤、ステロイド、抗アレルギー剤が出されます。しかしこの治療はマッチポンプです。原因を絶たなければ治りっこないです。
  ナイロンタオル製造輸入禁止令を出すべき代物です。もちろんそのほかの垢すりの道具もダメです。根本治療は無洗入浴です(当院HP参照)

その2,イボの液体窒素療法
保険で認められている治療法なんですが、これを半年やっていても治らない。しかも痛い。足底にできたイボだと、治療後3日くらいは痛くて歩きに支障がでます。毎週通院も金と時間の無駄使い。子供は行きたがらなくなり、その日が近ずくと憂鬱になるのです。
イボはウイルス感染です。だからウイルスを殺菌する消毒療法が効果的です。自宅でできる治療なので通院する必要性がなく、自費治療ですが、おそらく液体窒素より安上がりです。

いいね (6 )
読み込み中...