千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slide One
Slide One
Slide One
Slide One
previous arrow
next arrow

納体袋は厚労省の仕業だったのか - ブログ

コロナで亡くなられた方のお葬式はとても残された家族にはつらいものです。

そうでなくても入院中は面会できませんし、おそらく病状だってこまめに伝えられていないでしょう。そしていきなり「お亡くなりになりました」の宣告。さらにはお葬式では(感染予防とかの理由で)袋に入れられて、触れることもできず。参列者だってごく限られています。

これらが厚労省の指導の下にあったとはごく最近知りました。当初は葬儀社がコロナが怖くて独自の判断でやっていたのかと思っていましたが、そうではなくお上が知ったかぶりの指導をしていたということになります。

何が知ったかぶりかというと、コロナは死体から感染しないということです。これが死体に触れても感染するエボラ出血熱との違いです。コロナは呼吸器感染です。患者さんの吐く息やくしゃみ鼻水から感染するのです。だから亡くなられてもう呼吸をしなくなった患者さんからは感染しないのです。ビニール袋に入れる必要なんて全くありませんし、面会者を制限制限する必要もありません。

早いところ厚労省は普通の葬式に戻すように通知するべきです。

いいね (6 )
読み込み中...