千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

ブログ 一覧 (カテゴリ:医療)

ワクチン接種の後抗体価について検査会社から資料をいただきました。

これによると、ほぼ全年齢で1,000U/mlをピークの山になっています。しかし全く抗体ができない人や、逆に9999.9u/ml以上にもなる人もわずかながらいます。抗体価がすごく高い人は相当副反応も大きいんじゃないでしょうか。

というのも、ある医者が3回の接種を短期間でやったところ、非常に体調が悪くなり、その状態が何週間も続いたというのです。そして抗体価は5000くらいに上がっていたとのことで、そこまで上がると体はアップアップ状態になるんでしょうなあ、と思ったわけです。

ちなみにヴィネの抗体価ですが、接種後2か月で748,3か月で545、5か月で475でした。やっぱり年明けには追加接種が望ましいですね。

いいね (4 )
読み込み中...

驚きましたねえ、ヴィネの身近にもコロナ対策でイベルメクチンを個人輸入している人がいます。

その目的や使用実態はまちまちです。副反応のことでワクチンを打つのをためらって、イベルメクチンを個人輸入して、まさかの時にはそれを飲もうと考えている人。第5波の真っ最中に心配で飲み始めた人。予防効果を期待して週一回服用している人。

そういった方から相談を受けるのですが、答えようがありません。まずイベルメクチンはコロナに効果があると認められたわけではありません。たとえ効果があるとしても、コロナのどんなステージに効果があるのか、飲むタイミングはどうなのかなど、素人の人が判断できるのでしょうか?

さらに個人購入したその薬が本物かどうか、疑わなかったのでしょうか?もしかすると中身はうどん粉かもしれませんよねえ。

みんな別な意味で勇気あると感心します。

いいね (5 )
読み込み中...

新型コロナの抗原検査が薬局で売られ始めました。

以前にもコメントしたんですが、「抗原検査でマイナスだから、熱があったって自分は感染していない」と過信している人がいます。政府は抗原検査で陰性なら例えばコンサート会場やスポーツイベント会場にに入れるという指標にしようとしているのでしょう。しかしこれは問題があります。

抗原検査はウイルスのたんぱく質を検出する検査ですが、ウイルスの量が多くないと検出できません。おそらく無症状だったり軽い症状では抗原量も少ないので陽性に出ないでしょう。また死んだウイルスのたんぱくにも反応しますから、感染していなくても、もしくは治った後でも陽性に出る可能性はあります。ただ、陽性でなければ強い感染力はないとだろうとは推定はできます。だから政府はコンサート会場で抗原検査を導入することを検討しているのでしょう。しかし一般市民の方が正しい検査方法で検査できるのかという疑いが残ります。実際ヴィネの所で自分でやった抗原検査がマイナスだったけれどPCRは陽性だった人が二人いましたし、その人たちは家族内感染させていました。

一方PCR検査はどうかですが、PCR検査はウイルスの遺伝子を何倍にも増幅させて検出するやり方です。だから抗原検査と違って、少しのウイルスでも検出できます。しかし問題はそのウイルスが死んでいても反応するのです。ですから現在コロナ患者が退院するときはPCR検査はしません。したところで死んだウイルスが体内に残っているのでPCRはすぐにはマイナスにならないからです。以前は2回のPCRをやってマイナスであることが退院の基準だったのですが、今では症状が治まってある一定期間がたてば感染力がないとの考えになりました。

抗原検査にしてもPCR検査にしても絶対ということはないのです。特に感染していないことを証明する手段にはなっていません。ただ、抗原検査がすぐに陽性反応を示したり、PCRを定量で調べれば感染の強さが判定できます。

ということで検査でマイナスだからといって安心できないのです。最も大切なのはワクチンなのです。ポストコロナ、ウィズコロナを生きるにはワクチンを打つことが一番大切になります。ワクチン証明があれば宴会でもコンサートでもできる社会に近づけます。そして無駄な手指やテーブルの消毒おさらばして、ソーシャルディスタンス、アクリル板の設置で対策した気になる短絡思考を捨てて、最大の環境対策は十分な換気だと頭切り替えて生き抜くのです。

いいね (10 )
読み込み中...

時々歯に食べかすをたっぷりくっつけている方がいます。また寝たきりの高齢者の口腔衛生環境が良くないのはまれではありません。脳梗塞で開口が困難になった人など、介護者の苦労は大変なもので、むしろ歯がないほうがどれだけ健康かと思うことがしばしばです。

タイトルは脅しじゃありません。

虫歯を起こす代表的な菌はジンジバリス菌です。一方アルツハイマー型認知症を引き起こす物質はアミロイドβという物質です。ジンジバリス菌は強い菌ではありません。しかし慢性に炎症を起こしてその結果アミロイドβが作られることがわかりました。ジンジバリス菌は口の中だけにいるわではありません。飲み込めば腸で繁殖することもあります。これまでアミロイドβは脳内で作られていると考えられていましたが、ほかの部分でも作られてそれが脳に運ばれているということもわかってきました。

怖いですねえ~。何か口にしたらすぐ歯磨きするべきなんですね。最低でも口をゆすいだほうがいいですね。そう考えると間食なんてとてもいいわけないです。若い人がおしゃれなお店でタピオカとかアイスとか、ケーキとか食べている姿が映像で流れると、健康的で青春を謳歌しているように見えますが、最近ヴィネはその先にアルツハイマーになった彼らの姿を見てしまいます。

ここまで書いて皆さんを恐怖に陥れようなんて気は毛頭もございません。そこでアルツハイマー型認知症予防の対策としていくつかあげられるものがありますので以下にご紹介しましょう。

プロポリス、カイコ冬虫夏草、青魚の油、トマト、大豆、ブルーベリー、ブロッコリー、緑茶・・・・

前2者は薬の原料として研究が進められているようです。

いいね (8 )
読み込み中...

コロナウイルスのパンデミックで、ウイルスほど憎いものはないと目の敵にしている人は多いと思います。ウイルスは自身だけでは生きていけず、ほかの細胞に入り込み、その装置を乗っ取り、自分の増殖に必要なものを作り出して増えていく。

「なんてふてえ野郎だ!」

確かにこんな人間がいたら絶対友達にはなりたくない。

しかし、われわれが地球上に存在できたのはウイルスのおかげだという研究が報告されています。
人に限らず哺乳類全体にある共通したゲノムがあることがわかっていました。はじめは何の役にも立たない「ガラクタ」じゃないかといられていたものが、実は胎盤を形成するのに必須の機能があったというのです。
3000万年前に哺乳類の祖先に内在化したレトロウイルスをはじめとしたいろいろなウイルスによって胎盤が形成されたことがわかっています。ところでオーストラリアにはカンガルーやコアラなど有袋類やカモノハシのような卵胎生の動物がいます。数千万年前にゴンドワナ大陸から徐々に切り離されたオーストラリア大陸では動物たちの胎盤が完成しきらなかったのでしょう。

こう考えると、われわれはウイルスとは共存して生きてきたのだと思い知らされます。このコロナパンデミックで我々に何らかの変化(ほんのわずかですが)がもたらされるといってもいいかもしれません。

いいね (7 )
読み込み中...

新聞にタイトルのような内容の特集記事がありました。

WHOは昨年3月末に「一般的な感染経路では空気感染はない」と断定していました。しかしヴィネは昨年3月22日、すでに「いい加減に空気感染を認めよ」というタイトルでブログをアップしていました。そのWHOが今年4月には空気感染を一般的な感染経路の一つと認めました。CDCも見解を二転三転させた後、今では主要な感染経路として空気感染を認めています。

世界の医学の権威が日本の一開業医の考えより1年も遅れているのです!

(ここでヴィネは大きく鼻の穴を膨らます)

さて日本はどうか?

日本は空気感染に関して何もコメントしていません。ずるいですねえ~。認めると過去に否定したことを訂正しなければならず、過ちを認めたことになります。今のところのらりくらりを決めこんでいるのです。そして昨年7月に「マイクロ飛沫感染」なる奇妙な新語を作り出して、空気感染とは異なる概念のグレーゾーンで目をくらまそうとしています。脇田隆字国立感染症研究所長は9月8日「エアロゾルを形成するのがマイクロ飛沫として「エアロゾル感染があるかと言われたらあるということになる」と、チョー回りくどい説明をしました。ごはん論法に匹敵するごまかし論法で、世界に通じない日本の政治家と同じですね。

空気感染を正面から認めないことは、今後の予防策にも影響が出ます。医者のメンツ表に出すんじゃないよ!

しかしヴィネはマスコミの責任も重大だと思います。マスコミではコロナ禍であるイヴェントが開催されるとき、必ず「きちんと感染対策をして」という枕詞を使っています。そして体温測定や手指消毒やなかにはアルコールを持参している人の映像を流します。これではそういうことやっていれば十分だ見たいな印象を与えます。空気感染対策をしていることは全く報道しません。みんなそれが重要な対策だという認識がないんですね。
マスコミって非常に大きな影響力を持ちます。その責任を感じてほしいものです。特に責任が大きいのはテレビです。今回この特集を記事にした新聞社も以前から空気感染のことに注目はしていましたが、普段の報道は器物の消毒や手指消毒、ソーシャルディスタンスなど、接触感染飛沫感染に重点を置いた報道をしています。

専門家もマスコミも、もうそこから離れて、一般の人の生活では接触感染や飛沫感染はマスクしていれば過剰に反応する必要はないと言い切るくらいの勇気を持ってほしいです。そして野外での感染の機会は非常に限定的なので、基本はマスクなしでもいいとしてほしいです。

 

いいね (8 )
読み込み中...

医療時関係する人が書いたサイトではないのですが、鼻から入ったエアロゾルと口から入ったエアロゾルの違いについて興味深い結果がありました。これはコロナウイルス感染とは関係なく行われた研究成果です。

要約すると「鼻からエアロゾルが入ると鼻腔の中で急激にスピードが落ちて、鼻の中にとどまるものもあれば一部はゆっくり肺の中に到達するが、口呼吸だと一気に肺の抹消まで到達する」というものでした。

つまり鼻呼吸より口呼吸でウイルスを含むエアロゾルを吸い込むと重症化しやすいのではないかと、ヴィネは推測します。

コンサート会場で声援を出したり、宴会場で酔って大声で話したりすることがいかに危険かということになります。フィットネスジムで、特にスタジオでみんなと一緒に運動をするのは比較的危険ということになります。もちろん非常に換気がよければその危険度は下がります。外でランニングもよっぽど密でなければ危険性がないわけです。

逆にマスクをして会話していなければ、あまり換気がよくない部屋であっても、かなり危険性は少ないといえます。

話は変わりますが、寝るときの口テープの重要性は口呼吸でウイルスが肺に到達しやすいことを避けるためではなく、のどの粘膜を常にベストの状態にするためです。粘膜は乾くと機能失いますからね。口テープのことを言うと多くの人が「寝る時はマスクしています」と言われますが、

まったく無意味!!

マスクして寝たって朝起きた時に口が渇いているでしょ。どうしてそういう経験しているのにマスクの無意味さに気づかないのか、ヴィネは不思議でたまりません。

いいね (4 )
読み込み中...

学校の給食の時間がコロナ感染のリスクが高まると恐れて、メニューをパンと牛乳などに絞った簡易給食を取り入れる動きが相次いでいる。

例えばある小学校の場合袋に入ったパン、牛乳、小袋入り小魚、ヨーグルトが載った台が用意されると、教室から子どもが1、2人ずつ出てきて各自のお盆に自分でパンや牛乳を載せて教室に戻り、透明な板で仕切られた各自の机で黙って食べるといった具合だ。

ちょっとあきれてものが言えません。こういうことを考えた大人たちは、その実際の食事をする情景を頭に浮かべてこういう対策がいいと考えたのでしょうか?自分たちも同じような環境で食事しているのでしょうか?

まず本当に学校給食する現場がコロナ発生の温床になったという証拠があるのでしょうか?おそらくないはずです。そして単に栄養価が満たされればいいってもんじゃないでしょう(実際には栄養価ではかなり偏っていると思われる)。これでは食事ではなく「餌」です!!

コロナ禍の半分は人間が作っているとヴィネは考えています。

 

いいね (8 )
読み込み中...

コロナワクチンが手元に届いたときに、ヴィネは「この注射器ではまともに筋注できていない人が結構いるんじゃないのか?」と疑問に思いました。

ファイザー製のワクチンは筋肉注射をしなければいけません。インフルの場合は皮下注でよかったのですが、コロナワクチンはさらに深く打たなければならないのです。しかし同時にセットで届く注射筒についている針の長さは25ミリです。つまり皮下脂肪の厚い人の場合、筋肉まで届かない可能性があるのです。

実際ちょっと肥満の方の皮膚から筋肉までの距離を測ったら25ミリでした。ということはあまり肥満度を気にしないで打っていると何%かのひとは十分な抗体価が得られない皮下注射になってしまうのではないでしょうか。これまでにワクチンの効果について個人差が大きいとか言われていますが、

誰も針が筋肉に到達していない可能性については言及していません。

ヴィネのところでは皮下脂肪の厚い人に関しては打つ場所を工夫したり、さらに深く注射器を押して筋肉に届くようにしていますが、それでも「こりゃ絶対届いていないぞ」と思った患者さんは何人かいます。さらに集団接種会場ではそんな配慮なんかしていないでしょうねえ。

最近コロナが悪化する要因として肥満が大きく取り上げられています。肥満はコロナになってもリスク高いし、コロナ対策でも不利というわけですね。これで減量に目覚めてくれればいいんですがね。

いいね (9 )
読み込み中...

日本が誇るスパコン富岳も、使う人間が馬鹿だとでたらめな情報で世間を混乱させるだけです。

まずこの画像を見てください。
こんなことが実社会で起きると思いますか?
コロナ禍の今の時代、マスクをつけずに顔も背けずに口を手で覆うこともせずに、人の真正面でまるで「こいつにひっかけてやろう」と咳やくしゃみする非常識な人がどこにいますか?そんなあり得ない状況を富岳にデータ入力して得られた結果が、世の中を恐怖に陥れて混乱させ、さらに過剰な対策に走る大きな力になってしまうことを予想できないのでしょうか?

このようなありもしない研究データでマスク着用はもちろん、アクリル板設置、テーブル消毒、さらにはマスク会食や対面給食をやめて黙食やら、過去には絶対に推奨されていないことを真剣になって取り入れているなんて実に愚かなことです。楽しいはずの食事が、ただ食料の消化管への運搬行為になってしまっています。

研究するほうもするほうですが、これを何の疑問も持たずにテレビで流す放送局もまともな思考回路を持てなくなったと判断するしかないです。

さらに日本は同調圧力が強い国です。「対策をとっていないと」人の行為をいちいち指摘するおせっかいがたくさんいます。

こんな研究をしている人間は自分のやったことを「大したことをやった」と思っているんでしょう。人の行為を指摘するおせっかいも自分は正しいことをしていると勘違いしています。しかしこういう社会現象の強制によって弱い立場の人間は声を上げられずに精神をすり減らし、最悪の場合鬱になったり自殺に追い込んだりするのです。

富岳が悪いわけじゃありません。富岳にデータ入力する人間が馬鹿すぎるだけです。

いいね (8 )
読み込み中...

最新の記事

カレンダー

Calendar Loading