千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

Slider

相談窓口に電話してみました - ブログ

厚労省にコロナウイルスの相談窓口というのがあったので、電話かけてみました。

「外出制限って言ってますけど、緊急事態宣言でも外に出ること自体はいいんですよね」
「制限ではなくあくまで自粛ということです」
「でもみんな外に出ちゃいけないって思っているから制限されているように思えます。公園に出かけるとかとかジョギングはいいと言ってましたよね」
「はいいいです」
「でもどの公園も駐車場に入れないようにされていますよ」
「え?そうですか・・・、あのどちらの自治体でしょうか」
「千葉県です」
「千葉県はまだ緊急事態宣言が解除されていないので・・・」
「でもそれとは関係ないでしょう。緊急事態宣言下でも公園に行ってもいいっていう話でしたから」
「そういうことでしたら、各自治体、県の窓口での独自の判断だと思われます」

(おいおい、丸投げかよ)

「まあ、あとでそちらにも電話かけてみますが、でも基本的に外は感染機会が非常に少ないはずでしょう」
「しかし、もし公園に人が集中すれば3密ということにもなりますし」
「いや、少なくても外だから密閉じゃないでしょう。それに宴会やったりコンサートしたりしなければ密集とか密接という状態にもならないと思いますが」
「ン…、まあ、意味のない考えという捉え方もあるかもしれませんが・・・」

「まあ、心のどこかにそういう思いもあるのか」と少しは救われました。しかしこれ以上話しても何も得ることはないと思って、電話を切りました。新聞やテレビで言っている以上のことは得られませんでした。そして千葉県にも聞きましたが、同じです。公園の駐車場を閉めているのは、「公園でテントを張ったりすることへの苦情があったからです」と言ってましたが、公園でテント貼ること自体は制限されていませんとのこと。じゃあいいじゃん!ベースキャンプみたいに何十もテントが張られていたわけじゃあるまいし。これじゃ「公園で親子が遊んでいる」と通報受けて警官が出動するのと何ら変わりない。

みんな知らずに政府や自治体、専門家の判断に忖度が働いているんですねえ。

いいね (まだ評価がありません)
読み込み中...