千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

ブログ 一覧

今までの ブログ の一覧です。

2018年10月10日(水)
2018年10月10日(水)
2018年10月08日(月)
2018年09月27日(木)
2018年09月24日(月)
2018年09月21日(金)
2018年09月21日(金)

動物のおならから離れて、今日はまじめに人間の目に見えない排せつ物についての一考察です。

まあ、こんなタイトルでコメントをかける医者は、食と医療の根源的関連を追及するヴィネを置いていないでしょうね。

昔テレビで「おならが臭い原因はストレスだ」と、いかにもホントくさい理由を述べた医者がいましたが、あれは嘘です。その医者は休日のほうがリラックスしているため、おならは臭くなくなるとまで言い切りましたが、全くそんなことはないことが自験例で判明しています。また、肉をたくさん食べるとおならが臭くなると、生化学的な説明までつけてまことしやかに言い切った学者もいましたが、それも嘘です。

では何が大きな要因なのかですが、それは「食事の量」です。つまり、食べ過ぎだとおならは臭くなり、適切量もしくは腹七分目くらいだとおならは限りなく空気と化します。したがってその達人ともなると、人ごみでも会議中でもデートの最中でも、ためらいなくおならをすることができるようになります。ちなみにヴィネはすでに達人の域に達していますが、マナーがあるのでそんな場面ではしませんが。

とっくの昔にその理論を確立しているヴィネが、どうして今になってそれを公表するに至ったのかですが、新聞に「ヒツジ・牛げっぷ ストップ!地球温暖化」の記事を目にしたからです。ヒツジや牛など反芻動物の胃ではメタンガス発生して、それは二酸化炭素の25倍もの温室効果があるとされているため、酪農国では大きな問題になっているのです。メタンガスは9割がげっぷとして、1割がおならとして排泄されます。そのげっぷを減らすための方法について記事は書かれてありました。
そもそもげっぷをしやすい個体とそうじゃない個体の差は、前者が一度にたくさんのえさを食べ、後者は小分けして食べる傾向にあったのです。おそらくその食べ方によって腸内細菌の種類も違ってきていると思われます。
また、海辺で飼われている牛は健康で乳の出がいい、その原因は快走を食べているからだ、とカナダでの報告があります。そこで豪州の酪農家が羊のえさに2%の「カギケノリ」を混ぜたところなんと85%ものメタンガスの削減に成功したというのです。さらに試算ではもし世界中の家畜の10%がカギケノリを飼料に使えば、車を一億台分減らしたのと同様の効果があるというのです。

以上の記事を読み、やはりヴィネの理論は正しく、人間のみならず動物に普遍的に通用するものだと思われました。さらには地球温暖化防止にも役立つわけです。
ゆっくり食べることは少食につながります。さらに常々ヴィネは海藻やキノコなど、カロリーゼロで豊富な繊維を食べろ(一方「サラダは空気!」)をたくさん食べろと言い続けていますから、本能的にすべてに正しいことに気づいているわけですよ。

さあみなさん、海藻とニブリング(ちょびちょび食い)で、究極の無臭おならをゲットしましょう。

 

すべての動物じゃないと思いますが、よく動物は縄張りを示すのにおしっこをすると言われます。また、おしりを木の幹などに擦り付けることも縄張りを示す行為だと言います。これって肛門腺から分泌する液体なんでしょうか?

じゃあうんこはどうなんでしょうか?うんこは個体を識別するにおいの差があるんでしょうか?犬に限ってみればおしっこのようにちょびちょびするわけじゃないから、縄張りを示すには不都合な気がします。それに人間の何万倍も強い嗅覚を持っている犬ですから、もしうんに個体を識別するにおいの差があったとしても、あんな臭いうんこをクンクンかいで「こりゃ隣のポチのうんこだ」と日課にするのはあまりにもつらすぎます。ということでうんこは単に生理的反応で出しているだけでしょう。

と、ここまで書いたところでネットで検索すると、16%の犬に食糞(二日以内のうんこならほかの犬のうんこまで食べる)の習慣があると知って仰天。その理由はまだ解明されていないけど、犬は自分の生活圏域にうんこがあるのを嫌うのでたべるとか、うんこの中にある寄生虫の卵が孵化する前に食べてしまうとか、今の犬の食事は栄養過多で、うんこにも栄養成分が残っているから食べるんだとか、どれも眉唾ものの理由が書いてありました。

閑話休題、じゃあおならって彼らにとってどういう位置づけなのでしょうか?

ブッと電柱めがけておならしても、風で飛ばされてにおいを残すことはできないはず。うんこと同様、単に生理的な反応で出しているのでしょう。

ヴィネはここでさらなる素朴な疑問を抱きます。

動物は、人間同様周りに誰かいるときにおならして、ばつが悪いなんて思うんでしょうか?

単独行動する動物はいいですよ。でも集団で行動するシマウマとか、ヌーとか、オオカミとか、もし一匹が集団のまん中でおならしたら
「う、くせー。こんなとこでやるやついるか?お前場所考えろよな」とか、
「下っ端のお前は、風下でやれよな」とか言われるんでしょうか?

それとも自然の食事をしている彼らのおならは臭くないのでしょうか?

犬を飼っている人に質問です。もし飼い犬が臭いおならしたときに、飼い主がとても不快な表情を示したら、以後その犬はおならをするときに申し訳なさそうな表情をしていますか?また、隠れておならするようになりますか?とても疑問です。

スポーツを観戦していて、本人にはそれなりに理由あるのでしょうが、見ていて「いやだなあ」という場面があります。

それがあまりにも頻繁なのが卓球の張本です。ショットを決めるたびに雄たけび出して握りこぶしに力を籠める。自分に気合を込める理由があるのでしょうが、あまりにも大げさで実に不愉快。相手選手に対しても失礼すぎませんか?こういう態度日本卓球協会は注意しないんでしょうか?今後世界的な大会で審判から注意されることもあり得ますよね。

全米オープンテニス決勝でも、セリーナ・ウイリアムズは審判に食って掛かったりラケットをコートに思いっきりぶつけて壊したりしてペナルティー受けましたよね。

観客あっての選手ですからね。

シカゴマラソンで大迫傑が2時間5分50秒の日本記録で3位でゴールしました。

そのニュース画像を見て驚いた人は多かったと思います。トップ選手のほとんどがナイキのウエアとシューズを履いていたのですから。リオでもナイキは大活躍しましたよね。ヴィネも復活の時はナイキで間違いなし。

しかしマラソンランナーでも記録を作れば1億円ももらえるなんて時代が変わりましたねえ。これから1秒刻みで記録更新してほしいですね。。

人のたんぱく質の3割がコラーゲンといわれています。皮膚や血管、軟骨その他の臓器を作る重要なコラーゲンですが、それは年齢とともに劣化変質していきます。単に年のせいといってあきらめるのではなく、さらに突き詰めると、酸化と糖化が大きな原因です。

酸化とは紫外線、ストレス、激しい運動、たばこなどの刺激によって生成される活性酸素がその根本原因です。となると、ランナーは当然タバコなんか吸っちゃいけないわけです。UVも特にUVAがコラーゲン劣化に関わるので、SPFだけじゃなくPAの値も重要ってわけです。激しい運動はしゃあないわけだから、ストレスのたまらないような精神を持たなきゃいけません。

ストレスのない人間なんていませんが、それをいかに引きずらないかが大事です。まあ、発想の転換が得意で、それを行動にとれることが重要かな。ちなみにヴィネは28歳の時に強烈なストレスから胃潰瘍になったんですが、それ以来上からの締め付けには「あほくさ、やってられねえよ」と、気持ちを切り替えるのがうまくなりました。こういったところが異端とか変わってるって言われるのかな。

さて糖化ですが、これは摂取した糖と体内のたんぱく質が化学反応を起こしてAGEs(終末糖化産物)という異常タンパクを生成することです。このタンパクは正常な働きができなくなるのです。

こうしてみると、糖ってホント怖いですね。単に減量のために糖質制限するだけじゃなく、もっと高いレベルで糖質制限しなきゃいけないんじゃないかって思いますわ。

残念なのはヴィネが糖質制限の重要性に気づいたのが、もう60近くになってからですから、今までの邪食の影響が体の髄までしみ切っているんじゃないかということです。しかしまあこれから縄文食に徹すれば、そのマイナスを取り戻せるかもしれないという淡い期待を持ちましょう。

ところでなんで突然コラーゲンの話をし始めたかっていうと、PRP療法を受けた時に整形の医師に「先生のコラーゲンはもう変質してますからね」といわれたからです。
そうか、年齢による衰えをコラーゲンの変質という視点で考えると、妙に納得し、今までドン・キホーテのように粋がって頑張ってきただけなのかなと考え直したってわけ。
まあこれからは変質者っということで自らを納得させ、一方で過去は過去で心に納め、これからは気持ちを新たによみがえりの人生に邁進しようと考えるのであった。

O脚やX脚はなじみのある言葉ですが、ヴィネはここのD脚という珍しい症例を報告します。

症例は元来O脚の日本人で、長年過剰な膝への負担を強いる運動を続け、同部に強い痛みを発症。日常生活にも支障をきたすようになり、専門医を受診。変形関節症の診断を受け、右脛骨高位骨切り術(HTO)を受けることになった。
その6週間後経過観察のために立位レントゲン撮影(昨日)。患側は予定通りのストレート脚となり、レントゲン上はオペの目的完遂された。一方足の膝は元来のO脚のままであった(トーゼン)。

今後HTOは多くなると思われ、片側だけのHTOをした状態をD脚として定着させることを提案する。なお、両側のHTOを行った場合の状態、つまりストレートな美脚はV脚と命名する。

アキレス腱にprp打って3日しかたっていませんが、その効果たるや驚くべきものです。あれほど何やっても効果なかったのが、もう痛みも腫れも8割方消失しています。prpも2回くらいやらなきゃダメかと思っていたんですが、この調子だったら後2,3日で完全治癒?

あーあ、prpのことを4年前に知っていたら歴史は変わっていたのではないか?

つまり、右のアキレス腱断裂は回避できたかもしれないし、もちろんオペもする必要はなかった。そしてブランクなくレースに出ることができたはず。そのレースもこのところ痛みを抱えての苦行に化していたのが、どれも完璧な状態で臨むことができたかもしれない。

まあ、過去を悔やんでも仕方ないです。これからはprpを武器に見事復活して見せましょう。

自民党の総裁選で、小泉進次郎はだれに投票するかなかなか態度を明らかにしませんでした。その理由を「自分の動向で他人の判断に影響を与えることを避けたかった」ということですが、それってすごくおかしくありませんか?
政治家って自分の考えを表明して誰を引き付けるかでしょう。自分の言葉に動く議員がいてもあないですか。迷っている議員は何かを根拠に投票しようとしているんですから。

思うんですが、小泉は勢いのある安倍にビビっているんじゃないでしょうか。その点斎藤農林大臣のほうが態度は明確できっぱりしている男らしさを感じます。

今場所、稀勢の里は進退をかけた場所になっています。何とか勝ち越しましたが、彼の相撲に残念なところを見つけました。

なんと、白鳳がやる張り手をやるんですよ。全取り組みを見ているわけじゃないので、どのくらいの頻度かわかりませんが、ヴィネは2回見ました。こんな手使わないでやってほしいですよねえ。

ちなみに白鳳ですが、彼も完全にその悪い癖が抜けてません。3回くらい張り手を見ました。

つまんねーの!

 

prp療法を受けるために成田赤十字病院に行きましたが、たまたまヴィネの同級生が入院していまして、彼をお見舞いに行きました。とはいっても今日初めて聞いたので、何の手土産も持たずでしたので、いい迷惑だったかも・・・。

思ったより元気な顔で安心しましたが、なんせ卒業以来ですから40年近くあっていませんでした。しかしヴィネが走っていることは知っていたので、どこかで噂を聞いたのでしょう。
「彼はちょっと変わったやつなんだよ」
と、彼はその場に居合わせた奥さんに説明しました。
「いやいやちょっとどころじゃないかも」
そうヴィネは返しましたが、心の中では、へえ~やっぱり変わっているって思われていたんだ、とあらためて自分の評価を再確認した次第です。

自分じゃ変わっているとは思わないし、ただやりたいことやっているだけですが、これを自由奔放って言われるとちょっと違うかな。というのもこう見えて結構気を使っているところがあるんですから。

まあでも今日は同級生に会えてよかった。