千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

一覧

今までの の一覧です。

2018年06月19日(火)
2018年06月18日(月)
2018年06月16日(土)
2018年06月13日(水)
2018年06月12日(火)
2018年05月29日(火)
2018年05月24日(木)
2018年05月22日(火)
2018年05月19日(土)

在宅で診ていた患者さんがなくななり、その家族の方が挨拶に来られました。その時の話です。

市原市の葬儀も請け負っているし、ほかの葬儀屋との値段も比べたら安かったので頼んだ葬儀屋なんですが、
「口が開いているし背中がこんなに曲がっている。整形しましょう」
といわれたのですが、「整形」という死んだ人に使う言葉に違和感を感じながらも
「少しぐらいくっちが開いていたり背中がまっがっていい手もいいですよ」と断ると、
「いや、おかしいですよ。58000円のところ32000円くらいに負けておきますから」といわれ、日本人の典型なんでしょうねえ、そういわれて強く断られずに受け入れてしまったというのです。

背中の整形っておそらく無理やりバキバキと背骨を折って平らにするだけです。死人は痛がりませんから何やっても平気という拝金主義の考え。なくなった方への敬意もなし。人を見て騙せそうだと思ったらどんどんつけあがってきます。その後もこの家が後継ぎいないと知ると「寺と縁を切ったほうがいい」と言ってきたとか。そんな業者への対抗策を伝えてあげましたが、世の中安倍や加計だけじゃなく悪人ばかり目立つ!!

「そっかー!」
思わず膝ポンものです。

土曜の芝生ランでさえ、その後アキレス腱の痛みが増強。ヴィネの心は沈み考えこんじゃいました。

予定していたPRP(多血小板療法)は大幅にずれ込みそうで、その間休んでいても少しも回復しないんじゃないかと。

実際PRPに至った人の報告では半年くらい痛みが引かずにPRP療法の導入にいたったとなんて記事まであり、お先真っ暗。

しかーし、ここは天才と一般人の違い。ヴィネは非常に重要なことに気づきました。

例えば骨折の時にギブスをはめますよね。ギブスが外れても痛くてリハビリが必要になります。だいぶその痛みもひいて行ってか患者さんから質問を受けます。
「そろそろ走ってもいいですかね」
「いいですけど、無理しないでね。痛みが出るようなことはまだしないで。無理するとせっかくくっつきかけたところがずれちゃうから」

この説明誰にでもわかりやすいと思うんですが、どうしてアキレス腱の時にこの対策が応用されなかったんでしょうか!!だってアキレス腱断裂だってギブスはめて時間が来ればくっついて一年後にはスポーツに復帰できるんですよ。単にアキレス腱を痛めている状態なら、ギブスはめなくたってそれにちょっと似たことすれば治るはずじゃん!

つまり日常生活で常に痛いと思うことをしないようにし続ければ治るはずです。今からギブスはめることでも治りますが、程度が軽ければ装具でもいいはず。

そこで昔使った装具をつけて歩いてみました。

「おお!!痛くねえ~、これはいけるぞ」

そしてさらに考えました。
「装具付けるほどでもないな。要はヒールアップしていればいいんじゃないか?」

そこで発案したのが写真の自作のヒールアップインソール。古いランニングシューズのインソールを4枚重ねただけのもの。これを靴下の中に入れてみました。

おおおお!天国~~~~

普通に歩くとアキレス腱が伸びるたびにいや~な痛みを感じていたのが100%完璧に開放!!半日付けただけでアキレス腱の圧痛が軽減していることにも気づきました。

先が見えてきました。これを1~2週間もつければ劇的な改善が見込められるはず。陽光に照らされ霧が一気に解消されるように、今までの不安が一気に解消です。どうして骨折やアキレス腱断裂の治療法を応用することに気づかなかったんでしょう!灯台下暗し。しかしヴィネは今気づきました。ほかの医者は誰も気づきませんでした。
(うまくいってから自慢しろよって?)

これで来月には本格的に練習再開か?しかしここに一つの問題が・・・。このインソール1,2週間も使っていたらどんな悪臭を放つでしょうか?

4月からろくに走っていません。でも体重は増えないように注意していました。

昨日太ももをみたら
「細くなっている?」
当然筋肉が落ちてるはずですが、外見的にも細くて張りがなくなっているような・・・。

今のヴィネの状態をおさらいしてみましょう(勝手にやれって?まあ、なんかの参考になるかもしれないじゃないですか、知っておいてあなたの人生に損はないはず)

静岡マラソンの後体調崩し練習量が落ち込み、佐倉マラソンは17㌔でリタイア。このレースのスタート直前に腓骨筋腱に痛みがあることに気づく。この痛みが3週間くらい持続。この痛みが引き金になったのか、その後次第にアキレス腱に違和感が生じた。そして5月5日の練習中に右膝の半月板損傷を起こした。

5月は膝の痛みが尋常じゃなく、練習が思うようにできず(それでも少しは走っていた)。その後起死回生の手段をとろうと意を決したが、なかなかその段取りがつかず、そうこうしているうちに膝関節へのヒアルロン酸注射が効果あったのか最近は膝が全く痛くなくなりました。

一方左足だが、5月26日帰宅ランの際左脹脛を痛める。ふくらはぎは血流豊富なところなのですぐ直るだろうと高をくくってその後も我慢して練習を続けていた。するとそれに引きづられるようにアキレス腱が明らかに痛み出してきた。もう6月にななってからはほとんど走らず。膝はいいけど脹脛とアキレス腱は一向に直る兆しが見えてきません。

ふくらはぎのどこが痛んでいるのか同定できなかったが、昨日やっとここだと思うところがわかり、筋膜リリース。2か所やったうちの1か所がうまくいき、だいぶ痛みは引きました。

というわけでそろそろ練習再開しないとと思って、今日芝生の上で走ることができたのです。キロ7分のスローペースで4キロ。膝も脹脛も痛まなかったけど、やはりアキレスが違和感あり。

思うに一連のケガは年齢のせいで筋腱の柔軟性が落ち、怪我しやすくなりさらに回復が遅れやすくなっているのかもしれません。やはり今年の目標GI4のGをしっかりしなければIまでたどり着くことはできません。

米朝会談では金正恩よりトランプが主導権を握っていたように見えます。握手するときは常にトランプから手を差し出し、さらに金正恩の肩をたたいたり背中に手を添えたりと、緊張がなかなか解けない金正恩を終始リードする形でした。メディアに対する発言もトランプばかり。

世界が注目した米朝会談ですが、非核化においては踏み込んだ合意には至らず。人権問題には触れず、拉致問題もどこまで圧力かけたかはなはだ疑わしい。内容的にはかならずしもアメリカ側に有利とは限らなかったようです。

一方北朝鮮側もすぐには経済制裁の緩和という約束は得られなかったようです。今後の成り行きが注目ですが、中々完全な非核化には応じないでしょうねえ。

また、朝鮮半島の統一はほぼないと言われています。この点はどの国も一致した意見のようです。韓国でさえ冷静に考えれば経済格差がありすぎて、統一したら経済の大混乱が起こるのは目に見えてますから、終戦を迎えても(今は休戦)国境は維持して人間の往来は少しだけ緩和程度でしょうかねえ。中国は統一に大反対ですもんね。絶対統一はあり得ない。

一方核の脅威は少しは緩まるでしょうから、普通は歓迎なのですが、北朝鮮が経済緩和の甘い汁をたっぷり吸って、「こりゃたまらんわ」とどんどん非核化を進めて困るのは、実は日本のはず。
実は日本(自民党政権)は北朝鮮を仮想敵国として軍備(自衛隊)を強化して戦争ができる憲法にしよう(これは安倍が政権中で一番やりたいこと)としてきたわけです。それをそそのかしているのはアメリカ。アメリカは日本に兵器を売って大儲けしていますから。北朝鮮の脅威がなくなると、選挙の時に国民の不安をあおって勝利してきたその大きな根拠がなくなるわけですから。(尖閣問題があっても、中国を仮想敵国とすることはできないはずです)

北朝鮮の一番の目標は体制維持。アメリカの目標は自国の安全と北朝鮮対策の軍事費の削減かな?中国は北朝鮮の存続。韓国は半島の非核化と終戦と緩やかな交流。そのあたりで行きつく先が落ち着いてくるのではないでしょうかか。そしてそのどこにも拉致問題の解決の重要性がないのです。トランプは会談の際に拉致問題にちょっと触れただけのはず。それよりもっともっと重要なことがあるんですから。完全非核化だって「そこまでは時間がなかった」と言っているくらいですから、拉致問題に触れたのは、わざわざ会談の前に面会に来た従順な飼い犬を、少しだけ喜ばせなきゃと思ったからですよ。そんなことも知らずに一人意気込んでる様は滑稽としか言いようがない。

今日行われる米朝会談のヴィネ的予想

1.核兵器全面廃棄に合意

2.拉致問題無視

1は当然合意するけど、最終的な廃棄まで数年はかかると言われているのをのらりくらりと対応して小出しの廃棄。その間に経済支援は一気に進めるつもり。っ得に中国という後ろ盾があるからアメリカからの援助が少なくても大丈夫。むしろ一気に経済支援されて国民が経済的な潤いに目覚めちゃうと体制崩壊につながりかねないので困る。

2はすでに解決済みの立場取るでしょう。日本との平和条約結べば数十億円のお金が得られるはずですが、今それがほしくて拉致問題で謝ることはないでしょう。北は日本のことをすごく嫌っているはずですから。

さてどうなります事やら、興味津々。

特に柔道でみられるシーンですが、銅メダルや銀メダルとって悔しそうな、沈んだような、ときに不貞腐れたような表情を見せる選手がいます。お家芸といわれ期待されているだけに非常に残念なのでしょう。典型はレスリングの吉田沙保里選手の銀メダルでしょうね。涙流して「とんでもないことしてしまった」とまで言いました。それだけの重圧を背負っていたのでしょうねえ。ある意味かわいそうでもあります。周りを気にせず好きなようにやればいいのにとヴィネは思いますが、そうもいかないんでしょうね。国から強化費とかもらっているし、地元の期待もあるしで。

さてそんな第三者的なこと言いましたが、実際ヴィネも3位でチョー残念な気持ちになることはしばしば。水戸マラソンの時も3位。榛名湖マラソンは4位。2位なんてすごく多い。そのたびに喜べない自分がいるのを自覚。これが5位、6位だとあきらめがつくんですが・・・。

ランナーズのフルマラソン一歳刻みランキングが出ました。昨年度のヴィネの順位は3位!!チョー悔しい。もちろんヴィネの記録では1位は難しいだろうなとは思っていました。
ヴィネが悔しいと思うのは、広島のカキでノロになり絶対に行けると思った若潮マラソンを棒に振ったことです。とても調子がよく練習量も多く、あの難コースでも2時間55分で行けると予想していたんですから、その落胆はたとえようがありません。その後いまいち足の調子もよくなく、静岡では残念な記録。これでは1位は無理とはわかっていても、実際の順位を知ると悔しさが込みあがってきます。

悔しさをぶつける先は一つしかありません。
もう広島には行かないぞー!新幹線で広島通過するときも息を止めてじっと我慢してやる。てなやつ当たりしかないのが悲しい・・・。

 

 

 

右膝は半月板損傷だとして、しかし手術は回避すべきとの最近の知見。ではどんな保存療法があるのか?
調べてもあんまりしっくりときません。坂道ダッシュもできないかんじ。足底版やサポーター、テーピングなんて冗談じゃありません。これじゃあ今年中に目標達成は至難の業!

実は26日帰宅ランの時に左脹脛に痛みを感じました。軽かったのであまり気にせず、翌日曜日はいろいろと予定があり練習休み、月曜日の通勤ランした所、「え?なんアキレス腱が?」。
アキレス腱そのものに痛みがあるのです。医院に着いてみると、痛みは本格的になり、とてもまともに歩けない感じ。はたから見ても足を痛めたのはすぐばれちゃうほど。

「アキレス腱にはソルコセリルだよ」
先日相談した先輩整形外科医の言葉を思い出し、本体適応外のソルコセリルをアキレス腱の下のケーガー脂肪体にぶっちん。
ここは過去にステロイドや筋膜リリースで処置した場所。過去にはそれで治っていたんですが、ステロイドは連用が怖いし、生食よりはソルコセリルのほうが治癒力はあるのかな、と期待しての行為です。

ところがソルコセリルは半端じゃない痛み。30分くらい悶えました。その苦しみを乗り越えて数時間すると、あきらかに痛みは軽減しました。しかしそれはソルコセリルの薬効なのか単にそこに注射したからなのかわかりません。

痛みは軽減したものの、今日走れるほどではありません。
アキレス腱と膝。これで両足に障害を抱えることになっちゃいました。この難題を抱えて今年の目標の前に暗雲が立ち込めているのは誰もが疑うことがない現実。
どうしよう・・・・・。(;_;)

そうだ!あれがあるじゃないか!あれをやってみよう。絶対即効性の効果が期待できます。
「あれってなんだ?」
それはしばらくして実際にやった時のご報告。

日大アメフト部の故意のタックル事件で、内田前監督が「監督としての全責任はとるが、俺は選手につぶして来いという指示はしていない」と責任を逃れる言い訳をしていますが、これを信じる日本国民がどこにいるでしょうか?
100%スポーツマンシップに背く恥ずべき行為。これを日大は擁護しているんですから信じがたいですね。

一方怪我をさせた選手は正々堂々と謝罪をして、故意にタックルした行為は問題ありですが、その後の態度は勇気ある立派な行為です。二十歳の若者がなかなか報道陣を前にして謝罪することはできないものですよ。
それと比較すると、実に前監督やコーチの言い訳は見苦しい。しかしその2者のを比較すると、違いが見えます。内田はシラーっとしていますが、井上はぶるぶる震えて自分が嘘をついていることに耐えきれない様子です。辞意を表明したとのことですが、本当のことを言ってやめたほうが心の傷を残さないよ。

どうしてこう立場の上の人間って保身するんでしょう。年取って善悪の判断がつかないのでしょうか?もう後がない人生なので今の地位に何が何でも固執しているようにも見えます。
しかしこの風景何かに似ています。
おお、そうだ!加計森友で次々と出てくる文書の内容を否定し続ける安倍やその取り巻きの姿とそっくり。嘘ついているのは子供でも分かります。どうしてこんな低俗なことに国費を使って振り回されなければいけないのでしょうか?学級委員会だったらすぐに解決できることを、立派な建物の中では全く解決できないどころか、嘘が平気で通っちゃうところは子供に見せたくないですよねえ。

しかしこんな低俗国会議員が現存するということは、最終的には国民の責任です。一時3割切った政権支持率も、問題の進展がないのに、すぐに3割を取り戻しましたからねえ。経済だけよければいい、つまり金さえもうかりゃ今の政権でいいという亡者が日本中あちこちにいるから、悪徳政治家が淘汰されないんですよねえ。

いつまでたっても膝の症状が消えません。本当に偽痛風なのか?ネットで調べてもどうも自分の症状とあわない。

そんなわけで先輩の整形外科医に電話してみました。すると軽く症状きいただけで
「そりゃ半月板損傷だよ」
「先生、4年前に膝に淡い石灰化があって、その時偽痛風って言われたけど」

先生、偽痛風のことなんかすっかり忘れて
「ランニングで損傷することは極めてまれなんだけどなあ、俺んところにはたくさん来るよ。でもランナーはまれだな。半月板の外側の厚いところ損傷するとまずいけど、中心部の薄いところなら走れるよ。膝のところに縄巻いて走っているやつもいるから。半月板は年取ると薄くなって切れやすくなるんだよ。そこにはヒアルロン酸は効くよ。もちろん注射だけど。」

先生の結構いい加減なところ気になりますが、偽痛風ではなさそうなことを聞いて少し安心しました。そして結構多くのアスリートが半月板損傷してもスポーツを続けていることに勇気をもらいました。

さあこうなったらそろそろ走り出してもいいじゃありませんか。というわけで17日ぶりに走り出しました。ゆっくりゆっくり、キロ6分で。違和感はありますが少しずつ演習を積んでいけば、そのうち膝も癒えてくると思うようにしました。
もちろん今日膝にヒアルロン酸打ちました。

膝の痛みが続き、ブルーな日々を送っているヴィネですが、唯一嬉しいことがありました。

久しぶりに血液検査した所、なんとγGTPまで正常になっています。もちろんAST(GOT)、ALT(GPT)もパーペキ(パーフェクトと完璧の合成語で、これ以上非の打ち所がない完全な状態をいう「なんちゃって広辞苑」)な正常値!

今までγはなかなか正常値にならなかったんで、やはりアルコール性かなと思っていたんですが、今のアルコール摂取量は、純アルコール換算100g飲むのが月に1回。時に2回。全く飲まない日は週2,3日。普通は飲んでも20gか30g程度のアルコール。こんなもんでγ上がるかなと疑問でしたが、そこまで肝臓弱くはなかったようです。

ということは、ヴィネを長年悩ましていた肝機能障害は、やはりすべてランニングによる虚血性肝炎ということになる。ということで今後同じようなアスリートには自信をもって答えることができます。

しかし今の問題は膝!ヴィネの身体に重くのしかかっています。