千葉県市原市 外科 内科 皮膚科 アレルギー科 婦人科 スポーツドクター 食習慣・運動習慣改善指導

previous arrow
next arrow
Slider

ブログ 一覧

今までの ブログ の一覧です。

2018年09月14日(金)
2018年09月10日(月)
2018年09月03日(月)
2018年08月31日(金)
2018年08月22日(水)
2018年08月14日(火)
2018年08月11日(土)
2018年08月11日(土)

仰々しい学会発表のような内容ですが、結構真剣な内容で、膝ポンものです。

今時の医者で口内炎を真剣に考えている医者は皆無でしょう。口内炎出来た患者には口腔内専用のステロイド軟膏か貼付剤を出すだけで何の説明もされないことでしょう。まれに頻発する口内炎にはベーチェット病を疑って検査するかもしれませんが、99%以上普通の口内炎です。

ヴィネは違います。
まずは食べ過ぎがないかどうか聞きます。普通はみんな「ない」と答えますが、大体の現代人は普段が食べ過ぎだから、ことさら自分が食べ過ぎとは考えていません。ここでしつこく「いやあんた食べ過ぎてますよ」とは言いません。たいてい反発されますから。
続いて口内炎治療は痛くなる前に開始すればすぐ治るので、口の中に違和感(ふつうは痛みのな腫れ)を感じた時に口内炎治療開始すれば、1,2回で治ると説明します。みんな放置して3日くらいして痛すぎて受診するから治るまで1週間かかるのです。ここで患者さんは「へー、そうなんだ」と感心します。
さらになぜ口内炎になるのかについて説明に及びます。口内炎で痛くなるのは食べさせないためなんですよ。昔は柔らかいものがないから、口内炎になると硬い食事材が当たっていたいから食べなくなり、それで治ったんだけど、今では痛くてもやわらかい物や流し込む食べ物で食事量を減らさなくて済むようになったので、今まで通り食べ続けるので治りにくくなったんですよ。ここまで説明すると「そうそう、カステラを牛乳で流し込んでいたわ」と、患者さんはどんどん話に引き込まれていきます。

ヴィネは20年前に甲田医院で超少食糧法の体験入院しました。この後しばらくして口腔粘膜を噛んでしまったときに自然治癒した経験があり、驚いたことがありました。その後も自然にできた口内炎が食事を減らすことで自然に消退することに気づき、口内炎の発症機序が食べ過ぎないし胃への負担過剰にあり、治りにくいのは食事量を減らさして胃への負担を軽減しないからだという結論に至ったのです。

ここまで説明すると患者さんのヴィネを見る目の瞳孔に、ヴィネの背景に輝く後光が反射していることに気づきます。アーメン。

あのー、とってもくだらない話なんで、スルーしてもらっていいんですけど・・・・。

ヴィネは頻繁に鍵を忘れます。

今のところに引っ越したのが12年前。その前は15キロ離れたところから通勤していました。病院に着いてから「あ、鍵忘れた!」と気づき、持ってきてもらうまで30分くらい外で待っていて、診察に来られた患者さんに「すみません、鍵忘れて入れなくって、30分後に来てもらえますか」とお願いすることがありました。しかもそんなことが1,2回じゃなかった。

今の家は病院から直線距離で1キロなので、忘れてもすぐにとりに行けます。といっても忘れるのはよくありませんよね。あまりにも忘れるので通勤ランの時にウエストポーチに入れるものとして4Kを確認することにしました。それは「金、紙、鍵、携帯」です。そんな習慣をつけても時に忘れちゃうのです。

今は職員が先に来て鍵を開けてくれているので、鍵を忘れても病院に入れますが、鍵を忘れたことに気づかずに一日過ごしてからさあ帰ろうとしたときに、ほかの職員が帰ってしまっていると病院の施錠ができなくなったことがあります。そんな経験を通して院内にも鍵を置いておくことにしました。

いろいろ対策しても、どうしても時々鍵は忘れちゃいます。どうしてこんなにヴィネは鍵を忘れるのだろうと考えたところ、あることに気づき、「これじゃあヴィネは鍵を忘れる運命なんだ」とある意味諦念に似た気持ちになりました。

そしてそのあることとは・・・・

鍵を忘れた時って何て言います?「あ、鍵忘れた」ですよね。それを英語で言うとなんでしょう

「Oh! No key!」でしょうかね。それって「オー!ノーキー!」→オノキ→小野木・・・・・・・・( 一一)

だから言ったでしょ、くだらないって・・・・。

大林宜彦監督って美食家なんですって。

「僕はね、助監督が紹介するお店に入ってまずかったら、その人間を信用しないようにしているんです。食に対して鈍感な人間は、表現に対しても鈍感です。面白い映画なんか創れるはずがないんです」

この大林監督の言葉を聞いて皆さんはどう思われるでしょうか?
「さすが監督。そこまでこだわっているんですか。常に美しい物やいいものを求める姿は、いつでも完璧なものを創ることに通じますよね」
でしょうか? ヴィネは「大林監督ってなんて寂しい人間なんだろう。こういう人って虐げられた人とか恵まれない人に対しても、人として尊厳することができないのではないか」と思います。世界にはうまい物どころかまともな食事ができない飢えている人が何十億人といることをどう思っているんでしょうか?

大林監督、

あなたの一食が環境にかける負荷は、アフリカの子供たちの食事の100人分くらいかもしれないって考えたことないんですか?

あなたの食にこだわる言葉で、周りのいる人たちがプレッシャーを感じるってことに思いをはせたことはないんでしょうか?

あなたが災害にあって避難所に避難した際、提供される食事に対してどうおっしゃるのでしょうか?

ちなみにヴィネはどんな粗末な食事でも食べられます。普段から塩分の少ない食事をたべたり、油を避けたりしてむしろ味覚を落として慣れるようにしています。そうすればどんな状況でも不満を言わずに、食べられることに満足して食事ができます。

まあ、美食家って不幸ですよ。

必ずと言っていいほど自宅血圧測定のやり方として専門の先生は

一日2回朝は起床直後夜は寝る前に測定。血圧計は上腕で測るものを使うように。2回測ってその平均をとる。

といいますが、とっても疑問です。

疑問その1 起床してあまり時間をおかずに測定する意義は、「早朝には一時的に血圧が上がって、その後下がる。あさいちに高血圧に伴う事象(脳梗塞や心筋梗塞)が起こるので、あさいちの血圧を下げる必要がある」で、それはよくわかります。じゃあなぜ寝る前なの?寝る前って血圧上がります??むしろ入浴後なので血圧下がります。

高血圧の人は血圧が上がった時に不都合なことが起きるので、低いときを測定しても意味ないんじゃないですか?それより高いかもしれない、帰宅直後や掃除した後とか、パワハラ受けた時とか、不眠の時とか測るべきでしょう。

疑問その2 なぜ2回測ってその平均なんですか?普通2回目は血圧低下します。血管を圧迫したことによって血管内皮細胞から一酸化窒素が出て、それが血管を拡張するって聞きました。ということは2回目の測定って、人工的に作りだした状態で、不自然な血圧じゃないですか?血圧測定は一発で決めるべきでしょう。

疑問その3 なぜ上腕で測定することを勧めるのですか?確かにそのほうが正確な値が出ます。しかし上腕測定は面倒くさくて普及しないでしょう。特に冬場は厚着してますから腕まくってやってくれる人はいません。家庭血圧測定を普及させる目的が一番なのに、医者ってなんでも「より正確なこと」をやれとハードルを上げます。日本高血圧学会の会員はみんな上腕で測定しているんでしょうか?

ヴィネは手首測定の機器をお勧めしています。いつでもどこでも、外出先でも測定できます。腕まくる必要もありません。重要なことは日常生活でどんなことすると、もしくはどんな時に血圧が上がるか知ることにあります。そこには正確な数字は必要なく、変化を知ることが必要なのです。もちろん一日2回じゃなく、3回でも5回でも測定していいわけです。

「身体使えないなら頭使え」

ヴィネのモットーですが、走れなくなってからずっと、頭使ってきました。そして昨日は涼しく、ランナーはよっぽど喜んで走ってんだろうなあ、なんてうらやましく思ったりもせず、その時その場でできる最高の仕事をすべしと、童話を書くことに没頭していました。

正確には先月中に構想1時間制作3時間で書き上げた童話を、じっくりと丸一日(十数時間)かけて推敲していたのです。

タイトルは「サル山の大じけん」です。ずいぶん前に旭山動物園に行った時の光景を思い出して書きました。一応童話の書き方の基本をネットで軽~く検索して、小学校4年生までに習う漢字を調べて、結構展開がよくてわくわくする内容に仕上がったかと思います。

これを童話公募しているサイトで検索して、最も自分の作品に合っているものに応募しました。

結果は3月初旬。最優秀賞は50万円!でもお金じゃなくて、自分の作品ってどんなものなのか知りたいというのが本音。

ちなみにヴィネが本当に書きたいのは中学生対象の作品で、「走れメロス」みたいなのが書けたらいいなあなんて、夢物語。

一昨日抜鈎して傷口がフリーになりました。傷が開くことが心配でしたが大丈夫!

痛みは、傷よりその周囲の筋肉にストレスがかかっての痛みが大きく、ストレッチ不足と考えられました。今週めちゃくちゃ忙しく、中々ストレッチの時間も取れなかったんですが、ようやく今日普通通りの仕事量にもどれそうです。

急に運動量が増えたんですが、昨日までは念のため鎮痛剤を服用。今日から飲まずに過ごそうと思います。たぶん可能でしょう。

少し浅めのスクワットやってみたらできそうなので、ペラペラになった四頭筋を鍛えなおさなきゃあ。

5月以来ほとんど走っていなくて、オペ前にも足が細くなったなあと実感したけど、オペ後は

さらに一気に細くなりました。

左の脹脛はまだ力入れれば硬い筋肉が盛り上がりますが、右は盛り上がりなし!

左だって以前に比べれば硬さいまいち。

さら太ももに至っては全くランナーじゃない!生まれてこんなに細い太もも見るの初めて。

チョー悲しい(;_;)/~~~

「毛がにのふともも」と称賛(?)されたあの懐かしい太ももはどこに行った!?

アスリートで筋肉量が多い人ほど、安静にすることの影響が強いのです。

まあ、これからまた増やすしかないか。

痛みのほうですが、鎮痛剤飲めば結構普通に歩けるようです。飲まないとまだすたすたとは行きません。

明日から全荷重許可ですが、実はすでに時々全荷重しています。階段を杖なしで下りるようになるにはさらに1週間かかると思います。

高位脛骨骨切り術(HTO)、別名美脚手術(ヴィネ命名で一般に通用する名称じゃありません)の術後の写真です。

「こんなに深く切ったの?」
「スクリュー深っ!」

てな印象ですかねえ。入れた人工骨で切られた骨は約10度開大しています。

上から3番目の白い楔形のものが人工骨です。そこを中心に上に2本下に4本のスクリューが入っていて、ずれるのを防止しているわけです。スクリュー6本のうち5本が反対側まで到達するくらいの深さです。

スクリュー部分がいたそうですが、実際の痛みはそのあたりにはなく、切られた骨の反対側と切込みを入れるために骨に付着する靭帯をはがしたことによるその周囲の筋肉やスなどの組織の痛みがほとんどです。

とはいっても安静時にはいたくはなく、膝の曲げ伸ばしの時に痛いくらいで、それも日を追うごとに軽減しています。

よくこんなオペ考えますねえ。整形外科医怖っ!

術後2日経ちますが、安静時痛みほぼなしです。やはり膝を伸ばすと後ろが痛い。でも昨日に比べれば今日のほうがずっと動けます。

そして傷の状態はと言えば、 こんな感じ

小さな傷は関節鏡の傷です。大きな傷は思ったより大きい。ヴィネの脛骨前面の皮膚がとても薄く、薄い人は術後感染を起こしやすいとこの時初めていわれました。この傷の下には金属プレートが入っていて、こういった人工物がはいっているときの感染はたちが悪いので気がかりです。傷周囲のむくみも結構ありますね。

術後は硬膜外麻酔(エピ)が効いてか痛みはありませんでしたが、あまりにも下半身の麻酔が効きすぎてると言ったら、エピの注入を一時中止され、その後痛みが出てきて座薬を入れてもらいました。
下半身が動かせるようになってやっと寝返りが打てるようになり、一息つきました。

その後もエピはよく効いて安静にしている分には全く痛みなし。ただし足を伸ばそうとするとなぜか膝裏が痛い。これにはエピは効果ない模様。このエピのキットですが、麻酔薬が200ml入っていて時間当たり4ml入るようになっていますから、まる2日効果が期待できますが、「明日祝日なので、今日抜きます」と丸1日しか使いませんでした。これでこのキット2万円!!!

医療費って高い